心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Paul McCartney & Wings / Band on the Run』

PaulMcCartney_Band on the Run ビートルズ解散後、ポール・マッカートニーが作ったバンドのサード・アルバムです。とはいえ、リアルタイムの世代ではないし、ポール・マッカートニーが格別好きだという訳でもないので、良く知らないのですが(^^;)、すごく良く出来たアルバムだと思います。

 ビートルズって、やっぱりポール・マッカートニーあってのものだったんだろうな、という気がします。ジョン・レノンのアルバムに、これほどのクオリティなんて望むべくもないですしね。ジョン・レノンやジョージ・ハリソンがいなかったら、あのビートルズっぽい音楽は出来なかったかもしれませんが、ポール・マッカートニーさえいれば、形は変わってもやっぱりそれなりのバンドを作れたんじゃないかと思えてしまいます。逆に言えば、レノンさんやハリソンさんがいても、マッカートニーさんがいなかったらビートルズはモノにならなかったんじゃないかと。このアルバムを聴くと、そう思わされます。

 さて、このアルバムの何がよく出来ているかというと、アレンジ、曲の様式、あとはすごく手間ヒマかけて作られているなあ、という感じです。しかしこれが、諸刃の剣でもあると感じます。というのは…
 例えば、1曲目の楽曲構成。凝ってます。簡単に言うと、3曲を繋げたような作り。しかしこれって、うまく構成しないと、ひとつにまとまらないと思うんです。クラシックなんかを聴くと分かりますが、30分を超える曲でも、A~B~C~Dみたいな感じで新しいモチーフをどんどん繋げるという事はなくって、同じモチーフの変奏とか、そういう感じで曲に一貫性を持たせながら変化させながら…という感じで作っていきます。この、一貫性を保ちながら劇的展開も作って…という、相反するもののバランスを取るのが作曲で重要な点だと思うんです。しかしこのアルバムの曲の場合、飽きたら次…みたいになっちゃって、作曲としてはどうなのかな、と。このアルバムの幾つもの曲に聴かれる少しひねった構成って、うまく統一できてないように聴こえます。バラバラに作ったパートを強引に繋げているだけ、みたいな。アレンジにも似たことが言えて、デザインして作ったというより、手間暇かけてどんどんいじくり回して、結果として複雑で凝ったものにはなったんだけど、統一感が失われてしまって茫洋としてしまっている、みたいな。デザインしたというより、スタジオでのポストプロで色々いじった、みたいに聞こえるのです。あとは…デザインだけがあるみたいな感じなんですよね。表現というものが、演奏家からも歌からも感じる事が出来ません。楽譜を読まされている感じ。

 とはいえ、安易なもののキンタロー飴状態のポピュラー音楽界で、これぐらいに「いいモノを作るぞ!」と気合を入れて作られた作品というのはあまり聴いた事がありません。僕的には70点と感じるアルバムですが、120点をつける人がいてもおかしくない完成度のポピュラーアルバムだと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS