FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『リスト:超絶技巧練習曲集 アリス=紗良・オット』

AliceSara_Liszt_chozetu.jpg 先日、テレビの報道番組で特集が組まれていた、クラシック・ピアニストのCDです。なんと、リストの超絶技巧練習曲集の全曲。あまりに難しすぎて、超スーパープレイヤーですら全曲は演奏するのを避けるという曲なのに、全曲をレコーディングしている新人がいたとは!

 とはいえ、どうも最近のクラシック界はビジュアル系が進行してしまって、女性プレイヤーでルックスがいい人だと、すぐにデビューできる(^^;)。大名門のグラモフォンも、各楽器のソリストには、ビジュアルのいい人を絶対にひとり置くという有り様で…。ビジュアルが良い事が悪いわけではありませんが、ビジュアルが良ければ良しにするというのもどうも、ね。で、僕はこのアリス=紗良・オットという人を、大きな楽器屋のCDコーナーで見て知っていました。その時の感想が、「またグラモフォンがビジュアル系をデビューさせてるよ…」てなぐあいで、否定的な意見でした。ところが、その報道特番で見た演奏は…おお~本当に弾けてる!というわけで、ミーハーな僕は、アマゾンで注文してすぐに買ってしまいました(^^;)。でも、同じような人がいっぱいいたみたいで、到着まで1週間待ち。で、ようやく聴いたわけですが…う~ん、リストって、よくこんなに音を書き込むものだなあ。マジで超絶です(^^;)。

 クラシックの練習曲って、練習曲だから当たり前なんだろうけど技巧的。それを観賞する時に何が起きるかというと、「おお~すげえ~」という大道芸的な鑑賞の仕方になるとおもうんですよね。それって音楽的にどうなんだろうと思わなくもないんですが、実際に聴くとやっぱり「おお~」となるわけで、嫌いではありません(^^)。。


関連記事
スポンサーサイト




Comments

01 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS