fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Antonio Carlos Jobim / The Composer of Desafinado, Plays』

Antonio Carlos Jobim_The Composer of Desafinado Plays 邦題『イパネマの娘』、1963年にボサ・ノヴァの代名詞アントニオ・カルロス・ジョビンが発表したアルバムです!これが初の自作自演盤で、全曲インスト。ジョビンのアルバムといえば、これとA&Mの『WAVE』の2つは絶対に外せないんじゃないかと。

 「イパネマの娘」「ファベーラ」「コルコヴァード」「ワン・ノート・サンバ」「お馬鹿さん」「メディテーション」「ジャズ・サンバ」「ジサフィナード」…今でもカバーされ続けているボッサの大スタンダードがひとつのアルバムにこんなに大量に入っているのが凄すぎ!ボサノヴァってあんなに大きなジャンルなのに、まるでこのアルバムからすべてが始まったみたいで凄いです。実際にはバーデン・パウエルやジョアン・ジルベルトなど、超重要人物が色々いてのことだとは思いますが。

 音楽はピアノ、ギター、パーカッションに管弦が重なる感じのアレンジもの。古いボサノヴァのレコードあるあるですが、ベースはいるようないないような…低音が極端に小さくて聴こえない、ベースじゃなくてギターのバスにも聴こえる(^^;)。
 ジョビンさんは、ピアノを弾けばほとんど右手だけの単旋律、ギターはコードのみで、リズムもビハインドで決してうまい演奏とは感じないんですが、なんというか…味があるなあ(^^)。例えて言えば、「風の谷のナウシカ」での久石譲さんのピアノ演奏みたいな。要するに、演奏家ではなく、あくまで作曲家アレンジャーさんなんでしょうね。作曲しながらアップライトピアノをちょっとつま弾いているような雰囲気で、うまいというのじゃないけど雰囲気がすごくありました。

 ボサノヴァって、その直前のカルトーラあたりのブラジルのブルース的な音楽が、ジョビンとジョアン・ジルベルトで一気に軽やかなブラジルのポップスになったように感じます。若い頃から何度聴き直してきたかwからないアルバム、ボッサを聴くならまずは大名盤のここからいかがでしょう!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS