『James Brown / Love Power Peace -live at the Olympia, Paris, 1971-』

JamesBrown_LovePowerPeace.jpg 同じく、ブラック好きの会社の同僚から推薦してもらった1枚です。学生時代、レンタルCDショップのアルバイトをしていた時に、店番をしながら、ある時代のジェームス・ブラウンのCDを片っ端からきいた事があるのですが、ソウルっぽいというか、そんなに面白い音楽だとは思いませんでした。「プリーズ・プリーズ・プリーズ」とかね。好きなんだけど、買って聴くほどのものでもないかな、みたいな。じゃ、なんでこのCDを友人が推薦してくれたかというと…僕が「ブッツィー・コリンズのスゴい演奏が聴けるCDってないの?」と質問したからなのでした。

 ファンクって、ベースがチョッパーしまくって、ギターがワウを咬ませてワカチコ跳ねまくって、ドラムがタイトにカンカン鳴りまくる、みたいなイメージがあって、大好きだったんです。でも、じゃそういうタイプのファンクのCDって具体的に何かと言われると、これが意外と見つからない。ファンクといって有名なタワー・オブ・パワーとかはブラス・セクションばっかりでチョッパーもワカチコも聴けないし、P・ファンクなんて有名だけど、これも買ってきて聴いてもチープでぜんぜんすごくない。でも、P・ファンクには神ベーシストと言われているブッツィー・コリンズという人がいる。そこまで言われるなら凄いプレイの録音はあるんだろうし、そういうプレイを聴くことが出来るディスクがあるハズ、そうじゃなきゃ「すげえベーシスト」なんて言われないはずだ…と思っていたわけです。で、ブラック大好きの友人なら知っているかもしれないと思って尋ねてみたという訳。すると、意外や意外、パーラメントでもファンカデリックでもなく、ジェームス・ブラウンのディスクを推薦してくれました。意外や意外、ブッツィー・コリンズはジェームス・ブラウンのバンド出身だったのか。。

 で、これもこのCDで初めて知ったんですが、ブッツィー・コリンズにはギタリストの兄弟がいて、これがワウこそ噛ましていないものの、ファンク特有のあの切れ味鋭いカッティング・ギターの名手でして、メチャクチャカッコいい!このふたりを含めたリズム・セクションがメッチャクチャ強烈、ブイブイいってます!!ベースもブンブン鳴っていて、メッチャ太い!!すげえええ~~~!!!これだよ、これ。。僕が聴いたこのある10枚ぐらいのジェームス・ブラウンは、こういうファンク時代以前の音源だったんですね、きっと。また、バンドによほど信頼があるのか、ヴォーカルのバック・バンドなのにインスト曲のプレイも許されていて、これがもの凄いカッコいい!!
 それにしても、ジェームス・ブラウン、暑苦しいわ。。ライブ演奏でもの凄いグルーブをするバンドをバックに、「起きろ!!セックス・マシ~~~イイン!!」とか叫んでます(^^;)。いい意味で、これを聴いて元気が出ない人なんていないんじゃなかろうか(エロい意味じゃないですよ)。。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!

はじめまして!
みやくにと申します。
先日、私もこのライブ・アルバムを購入して、そのかっこよさに痺れているところです!
私の場合は40過ぎてからやっと良さがわかるようになりました。

(ちなにも、このアルバムの前に買ったのはLed ZeppelinのPresenceです)

Re: はじめまして!

みやくに様、はじめまして。書き込みありがとうございます!

ブッツィ兄弟在籍時のJBバンドのライブって、すごいですよね!!特にこのアルバムは飛び抜けてすごいと思いました。燃える!!

おお、ツェッペリンの「プレゼンス」もお聴きになったのですか!「アキレス最後の戦い」が入っているアルバムでしたよね?けっこう趣味が合うかもしれませんね(^^)。

こんばんは!

お返事ありがとうございます!

私は高校生の頃、おじさんが持っていたSex Machineのライブアルバム、確か聞いたことがあると思います。だけどその頃はその良さがあまりわかりませんでした。
もしそれがLove Power Peaceのアルバムだったら、ひょっとして好きになっていたかもしれません。演奏もなんだか燃えているかんじですね!

ファンクのベースっておもしろいですね!
ベースが生み出すグルーブ(?)がなんともいえない高揚感を生み出すというか(燃えるというか)・・・
そういえばLed ZeppelinのPresenceもベースとドラムが生み出す独特のグルーブが好きで・・・血が沸き立つというか(言い過ぎか:笑)

高校生の頃はLed Zeppelinが好きでIIのアルバム(レコード)を買って、おまけでついていたポスターを部屋に飾っていたものでした。Whole Lotta Loveは衝撃でした(笑)
サードはとくにB面が好きです。移民の歌ももちろん好きです!

Bach Bachさんのブログの過去の記事を読んでいると、
これも聴いたなぁ、これも聴いたなぁ、となつかしい気持ちになります。
もちろん今でも聴いているものもあります。

それにしてもよく分析されていますね!

(うちのブログからリンクしようと思いますが、もし不都合がある場合はお知らせください)

Re: こんばんは!

みやくに@四畳半大学 様、書き込みありがとうございます。

僕も、若い頃に「SEX MACHINE」のライブ盤を聴いたときには、その良さがよく分かりませんでした。
ファンクベースで僕が一番好きなのは、やっぱりラリー・グラハムです。そのうち記事に書こうと思っています…が、ちょっと先になるかも。

僕も、シロウトながらに若い頃は現象学に夢中になりました。といっても、フッサールどまりですが(^^;)。

リンクは大歓迎です!どうぞ、張ってやってくださいm(_ _)m

Larry Graham!

Larry Graham、いいですね!
私は昨年アルバム購入しました。
Larry Graham脱退後はSly & Family Stoneの音楽もかなり違う雰囲気になりましたね。

Bach Bachさんも現象学に興味を持たれていた時期があったのですね!
フッサールどまり・・・というか、フッサール読めればすごいですよ!

(リンク貼っておきました)

Re: Larry Graham!

スライのグラハムも素晴らしいですが、セントラル・ステーションのファーストのスラッピングもすごい!!
また、テノール並みの低音ヴォーカルもカッコいいですよね。

現代思想は、現象学が一番ハマりましたが、ソシュールの一般言語学もメチャクチャ面白かったです。
僕の場合は、どちらも認知科学から遡って読んだ感じだったのですが…でもまあ、シロウトの趣味の範囲です(^^;)。
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド