fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『百合と小羊~中世イングランドの聖歌と多声楽曲~ アノニマス4』

Yuri to Kohituji ChuseiEngland_Anonimas4 中世イタリアの音楽に続きまして、中世イギリスの音楽です!アーリー・ミュージックって、15~16世紀のルネサンス音楽まで来ると色んなCDも出てるし作曲家も有名な人が続々でてきますが、その前の中世とになるといきなり数が減るんですよね。。
 イギリスはクラシック不毛の地なんて言われますが、要所要所で素晴らしい作曲家を生み出したり、時代をリードしたりするんですよね。ルネサンス音楽の口火はイギリス人作曲家のダンスタブルが3度や6度の和声をイギリスから大陸に持ち込んで始まりましたし、バロック期のパーセルを生み出したのもイギリス、バッハと並ぶヘンデルを手厚く保護したのもイギリスですし。現代のポップス/ロックの中心地だってイギリスですし。

 このCDには13~15世紀のイギリス聖歌とポリフォニー。賛歌3曲、セクエンツァ6曲、モテトゥス2曲、コンドゥクトゥス7曲が収録されていました。
 昔このCDを買った理由は、セクエンツァがたくさん入っていたからです。古楽の作曲の勉強をしていると、重要な技法にトロープスというのが出てきて、本には「元来の歌詞でなく、その間に挟まる説明的な詞」なんて説明は書いてあるものの、実際に聴けたことがほとんどありませんでした。そこで、トロープス状の曲であるというセクエンツァがたくさん入ってるCDを探したのです。そして見つけたのがこのCDで、ついでに全然聴いた事のなかった中世イングランドの音楽も聞ければなおよし、という感じでした(^^)。
 セクエンツァはカトリックのミサで使われる典礼音楽で、アレルヤ唱(メリスマチックな歌で、最後に「アレルヤ」で終わるあれです)や詠唱(トラクトゥス)に続いて歌われるラテン語の聖歌です。アレルヤ唱が元来の歌詞でメリスマチックなのに対して、セクエンツァは祖即説明のような詞でシラビック(1音に1文字)なトロープス状。そして、4人編成の女声合唱のアノニマス4が歌うこのCDを聴く限り、多声のものもワンコース斉唱もあります。そして、斉唱ですらやばいぐらいにメッチャ美しい。ユニゾンですらこれだけ美しいって、いったいどういう事やねんって感じ、グレゴリオ聖歌を3倍ぐらい凄くした感じです。いや~こんなものを体験してしまったら、他の歌を「うまい」なんて言えなくなってしまう。。ところがこのセクエンツァ、のちに組ミサが作られるようになると廃れ、16世紀以降はほとんど歌われなくなってしまったんだそうで。なんともったいない。

 コンドゥクトゥスもやばかった。コンドゥクトゥスって、同じ多声でもオルガヌムやモテトゥスみたいなカノン状になっておらず、リズムが同じなので単純なコーラスという感じになってしまい、個人的には中世ポリフォニーの中ではつまらない音楽だと思ってました。ところが、このCDのものはヤバいほどに美しい。この凄さって、音楽以上にこの女声合唱グループのうまさが原因なんでしょうね。

 アノニマス4って、なんだか怪しそうな名前だし、売れれば何度もオッケーないかにもアメリカ的なグループなんじゃないかと思ってたんですが、とんでもない!ヨーロッパ中世の音楽だけを専門に歌うグループで、過度の装飾を避け、それでいてアンサンブルもテクニックはバッチリ、見事すぎるグループでした。僕的にはヒリアード・アンサンブルなんかより全然こっちの方が好きです。中世の合唱音楽って、「これは売るための着色しすぎだろ」というものとか「これはピッチとリズムが」みたいなものがあります。そんな中にあって出色の完成度!中世イングランドの音楽という事を除外して、見事な声の音楽を聴くというだけでも、超がつくほどおススメの1枚です!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS