fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『インドのカタックダンス』

Indo no Katakku Dance おおーこれはいい!インドの音楽と言えばラヴィ・シャンカルとかヒンドゥスターニ音楽が有名ですが、、僕がパッとイメージするのはこのむしろCDに入っているような音楽のほうかも。タブラが複雑なリズムを鳴らして、インド音楽とアラビア音楽の中間のようなエキゾチックな旋法を使った弦楽器が鳴って(このCDだとサロッド)、昔のインドの詩人が書いた詩が朗々と歌われて、みたいな。このCDはインドのカタック・ダンスというものの舞踊音楽だそうですが、音楽にやられてしまいました。かっこいい!

 11分ほどの1曲目「ムガル宮廷のカタック・ダンス」がすごい!リズム型はティン・タール(この演奏がすごかったです!リズム型を詳しく知りたい方は『インドの音楽』か『音楽の原理』を読んでね^^)、旋法はアヒール・バイラブ。この旋法は7音音階ですが、それを書くと「ド/♭レ/ミ/ファ/ソ/ラ/シ/ド」みたいな。つまり均等分割じゃない!いやー音から感じるエキゾチックさは「ド/♭レ/ミ/ファ」の音の並びにあるんだな。。5度がちょっと高く感じましたが、これが噂の微分音程というやつかも。そして、アッチェルしたりリットしたり、クレッシェンドしたりディミネンドしたり、押し引きが自由自在。さらに詩歌は年老いた人が恋人にあてた懇願の歌…これで心を動かされなかったら嘘だって。

Kathak Dance_pic1 2曲目はガザル。パキスタンのガザルは聴いたことがありましたが、ガザルって結構エロいんですよね。忘我の境地に達して…みたいな(^^;)。このCDだと、ゆる~い波が寄せては返す感じでした。

 4曲目「釈迦物語」は、エンディングでリズムが変わりテンポが突然上がりフォルテになって突然ブレイクして…みたいな仕掛けが素晴らしかったです。

 5曲目は恐らく即興で、サロッドとタブラのデュオ。無伴奏でルバートのサロッド独奏から始まり、ティン・タールのリズムが出てきて、どんどんアッチェルして登りつめていって最後は元のゆったりしたところに戻る、という楽式だったので、インド芸術音楽をコンパクトにした感じでした。

 インドの古典舞踊には、カタック、マニプリ、オリッシ、バラタナーティアム、カタカリの4種類あって、このCDのカタックはインド北部のダンスで、シルクロードとのつながりが強いそうです。イスラム王朝時代の色町で行われていたノーチョクnautch という踊りがベースで、それが洗練されで生まれたものだそうな。いや~それにしても南アジアや西アジアの音楽のレベルの高さがヤバかったです。曲目も演奏も尋常でないすごさすばらしさでした!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS