fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Wes Montgomery / Full House』

Wes Montgomery Full House 1962年のライブ録音、ジャズ・ギタリストのウェス・モンゴメリーの代表作と言われているライブ・アルバムです。名盤ガイドによく出ていたレコードで、カッコいいジャケットデザインにも惹かれて、中古レコード屋で見つけた時に買いました。高校か大学ぐらいだったかな?ワンホーンにピアノが入ったクインテットで、サックスはジョニー・グリフィン、ピアノはウィントン・ケリーでした。

 プレイは手堅いというか、破綻はないけど突き抜けるところもない、みたいな。それでも色々と聴きどころがありました。まず、ジョニー・グリフィンのサックスが良かったです!ジョニー・グリフィンってリーダー作も良かったし、モンクのバンドに参加した時も素晴らしかったです。60年代のニューヨークではロリンズとコルトレーンに次ぐ人気選手だったんだろうなあ。ソロ回しをするセッションなのであんまり吹いてないし、基本的にリラックスしたセッションなのでブイブイ吹きまくるわけじゃないんですが、いざ吹くとさすがにパシッと決めて持ってっちゃう、みたいな。

 ウェスのギターは、単純に親指弾きのギターでどういうフレージングをするのかに自然と耳が行きましたが、何度聴いてもリズムがものすごくいいからか、すごく歌うギターと感じました。ギタリストのソロってなんか止まって聴こえちゃうものが少なくないですが、これはカッコいい。。特にグッと来たところが2つありまして、ひとつは「SOS」の高速の16分音符のテーマ。これを弾けるだけでもジャズギター3級ぐらいは貰えそう(^^)。もうひとつはCDのボーナストラックで入っていた「Born to be blue」のアドリブ。ほぼ単旋律なんですが、これは実に端正で流れるようなソロ。ツーファイブの時のムーブはジャズギターを弾きたい人だったらそのままコピーして使えそうでした。2小節単位で同じ音型を下降させるのがウェスの手のひとつなんですよね。これって「ルートをずらして弾く」という考え方が出来るギターならではの発想ではないかと。
 そうそう、ギター独奏曲も入っていましたが、1・3拍という強拍でダウンストロークしながらトップノートをメロディとするスタイルでした。つまり、ギターソロでも右手は親指一本なんでしょうね(^^;)。

 ただ、曲は普通の歌謡形式をグルグルとソロ回ししていくスタイルで、せっかくギターとピアノの両方がいるというのにアンサンブルを決めてあるわけでもないので、音楽じたいはザ・ポピュラー音楽であんまり面白くなかったです(^^;)。ラテン調の曲がそれなりに入ってるんですが、これはリバーサイドに残したウェス・モンゴメリーのアルバム全般に言える事で、何か理由があるのかも。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS