fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ブルース・ソウル   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Lowell Fulson』 Crazy Cajun盤

Lowell Fulson_Crazy Cajun これもタイトルが『Lowell Fulson』ですが、クレイジー・ケイジャンというレーベルが1978年にリリースしたアルバムで、アーフリー盤とは内容が違います。収録曲が違うだけでなく、音楽がまるで違うので驚きました。ぜんぜん違うんですよ。。

 アーフリー盤の弾き語りテキサス・ブルースと全然違って、完全にモダン・ブルース。ものによってはR&Bと呼んだ方が近いんじゃないかと思う曲までありました。すぐに連想した音楽はB.B.キング。B.B.キングみたいにホーンセクションはいないものの、バンドが演奏して、その前で歌を歌って、歌がなくなると単旋律のギターで「キュイーン」と演奏する、みたいな。そうそう、B.B.キングがローウェル・フルスンに憧れていたという話を聞いたことがありますが、なるほどそっくりです。
 Pヴァインが出したアーフリー盤『Lowell Fulson』の日本語解説に、「フルスンはこのアルバム以降、二度とディープな歌を歌わなくなった」なんて書いてありましたが、なるほどこういう事かと思いました。でも考えてみたら、70年代後半のアフリカン・アメリカンの音楽といえば、R&Bどころかファンクもディスコもあった時代。渋い妙技や詩情で訴えるアコースティック・ブルースはなかなかつらかったのかも知れません。

 テキサスからウエストコーストに移ったのは、そっちの方が景気が良さそうと思ったからだろうし、自分の好きな音楽をやるというより、より商売しやすい音楽をやっていくエンターテイナーとして音楽をやっていた人かも知れません。ブルースという音楽自体、フォークロアと産業音楽の中間ぐらいな音楽ですしね。一般的にいえばローウェル・フルスンといえばこのアルバムで演奏している音楽のようなイメージが強い人なんでしょうが、僕はどう聴いたってテクも表現力も高いテキサス・ブルースをやっていた頃の方が好きだなあ(^^;)。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS