fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Byron Allen Trio』

ByronAllen.jpg ジュゼッピ・ローガンのファーストと同じように、ESPレーベルから出て、フリージャズ系で、しかもこのヤバそうな怪しげなジャケット…というだけで即買いしてしまったアルバムです(^^)。しかし、その判断は間違っていなかった。いやあ、これはカッコ良いぞ。。

 名前は「バイロン・アレン」と読むみたいで、アルトサックス奏者です。で、このアルバムは、ウッドベースとドラムとのトリオ。で、ですね、直前の記事でとりあげたジュゼッピ・ローガンと比べると…ジャズプレイ的な意味で、うまいです。比較するのも失礼というぐらいにうまい。まあ、それが音楽の良し悪しに直結するわけじゃない所が音楽の面白いところですが…。で、共演のドラマーもベースも、名前を全然知らない人たちなんですが、これもけっこううまい。手数は少ないんですが、グループとしてものすごくよくまとまっているというか…。そんなわけで、フリージャズというよりも、ジャズの延長線上にある、ジャズをもう少し進化させようとした音楽、という感じがより的確な表現なんじゃないかと。

 まず、サックスのプレイの根底にあるのは、調重力(スケールと言い替えてもそんなに外れていないんじゃないかなあ)の意識。これを、どれぐらい拡張していけるかという意識は間違いなくあるんじゃないかと思います。歌い回しとしてはロリンズっぽくもあるんですが、アルトなのでやっぱりチャーリー・パーカーが最初に浮かんじゃうんですが、そういうものを本気で勉強して、そして練習しまくった人なんじゃないかなあ。で、ピアノレスのトリオだから、このチャレンジが想像以上に自由自在で、かなりカッコいいです。で、リズムセクションも、いきなりリズムチェンジしたり、全員でいきなりツービートに合わせたりと、シンクロ率が凄いです。ただ、このピアノレスというのと、録音の良さというのがもろ刃の剣で、サウンド的には薄くなっているので、プレイを追わずに漠然と音だけを聴いてしまうと、少し薄く感じてしまうかも。

 というわけで、フリージャズというより、ニュージャズの好作といった感じのアルバムです。いやあ、こういうマジで音楽に取り組んでいる人の音楽って、すごく惹かれてしまいます。なんで今の日本のメインストリーム・ジャズって、売れるとか評価されるとかいう事ばっかりに拘って、音楽そのものの追及に拘らないんだろうか。こういう硬派な作品の爪の垢でも煎じて飲んでほしいわ。。とにかく、真摯で渋く、そしてカッコいい好作です!!


関連記事
スポンサーサイト




Comments

09 2023 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS