心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ハワイアン・チャント』

HawaiianChant.jpg 昔のJVCが出した民族音楽シリーズの1枚です(JVCって、今もあるんだろうか?日本のレコード会社ってどんどん吸収合併されたりして、どうなってるんだか全然分かりません)。最初の狙いは「夏だし、涼しげなハワイアンでも聴くか!」ってな感じだったんですが、これが全然違った(^^;)。ウクレレなんて全然入ってないし、楽園の癒しムードなんて微塵もありません。しかし、これはこれで素晴らしい音楽体験だった!!白人文化が入り込む前からハワイ島にあった土着の音楽…なんだと思います。音楽というより、呪術的な呪文みたいです。合唱曲なんて、音程が2~3しかないものがメインで、それはさながら日本の読経のごとし。

 ハワイは太平洋の島国で、人種的な流れとしては、インドネシア方面から船に乗って流れ着いたモンゴロイドが主要民族。白人が入り込むのなんて、大航海時代以降というず~~~~っと最近の事です。で、エスキモーにしてもネイティブアメリカンにしても、東回りで広がっていったモンゴロイドの人って、常に無伴奏の歌音楽の文化を持っていますが、これがえらくプリミティブというか、音程なんて3つもあれば十分、みたいなものが多いです。で、音楽というよりもその言葉が重要というものが多くって、なんだか呪術的なんですよね。ネイティブ・アメリカンで言えば、狩りの前に狩りの成功を祈る歌とか(こういうと聞こえはいいが、言葉で獲物を呪い殺すというものもある)、そういうのが多い。で、このハワイのチャント(ハワイだと「メレ」と言って、どちらも「歌」という意味です)も、呪術的/儀式的な色彩がバリバリに強いです。ハワイのメレはメレ・オリ(無伴奏チャント)とメレ・フラ(ダンスのみか、ダンスと楽器伴奏がつく)に分かれていて、このCDはメレ・オリという事になります。で、メレ・オリの全てがそういうものなのかどうかは知らないのですが、少なくともこのCDに収められている曲は全部呪術的なものです。悪を防ぐもの、神のインスピレーションを求めるもの、呪文、禁忌から解放する呪文…これが映画やコミックの作り話じゃなくって、リアルなものであるというのが凄すぎる。そういえば、アフリカ系の呪術音楽も、リーダー(祭祀?)が文句を言って、それを追うように合唱というものが多いですが、このハワイのものも構造が同じ。これは必然性があってそうなったのか、文化的なつながりがあったのかはちょっと知りたいところですね~。

 これって、部外者がお気軽に聴いてはいけないようなものな気がしてならないんですが、いいんでしょうか(^^;)。録音する人も、録音すべきじゃなかったんじゃないかなあ。俺が思うに、録音して3年以内に死んでるな。。しかし、こういうものを一度体験しておくというのも、面白い体験かも知れません(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS