fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ブルンジの伝統音楽 Burundi: Musiques Traditionnelles』

Burundi_Musiques Traditionnelles 個人的な超推薦盤、Ocoraの民族音楽シリーズの中のひとつ、ブルンジ編です!!僕はこの17曲入りCDを持ってるんですが、LPだと13曲なので、今から買うならCD推奨です(^^)。

 なにが凄いかというと、僕が聴いてきたアフリカ音楽の典型にはおよそ入らない音楽がいくつも入っていた事です。民族音楽って、音そのものがそれほど面白くなくても、その土地の文化とか空気感を味わう事で僕は楽しめちゃったりするんですが、このCDに関しては音楽そのもので痺れまくっちゃいました。
 その極めつけが、1曲目と13曲目のコントラバスのような音を出すイナンガという撥弦楽器の弾き語り。これがすごい、すごすぎる。たぶんこの楽器、ジャケットに写ってる琴状の楽器じゃないかと思うんですが、ボディがないのに本当にコントラバスみたいな音です。そして語りは囁くようなうめき声で、イナンガは吉沢元治かDidier Petit かというようなドロドロした演奏。このヤバさを聴くだけでも、このCDは買いだ!ついでに、11曲目にイナンガの独奏が入ってますが、これはフリージャズのコントラバス・ソロと寸分たがわない驚異の演奏。ジョン・コルトレーン『live in Japan』でのジミー・ギャリソンのベース・ソロを思い浮かべれば、大体近いんじゃないかと。いや、変な倍音を出す棒で叩くような音も出してるので、こっちの方がすごいぐらいかも。

Brundi_Map.gif 3~4曲目のウブフハ」という声の音楽もすごすぎます。草笛とホーミーを合わせたような奇妙な発声をするんですが、これがすごい。声の超絶技巧って感じでした。

 6曲目のサンザ伴奏の歌も、楽器に色んな共鳴機や響き線をつけていてものすごく複雑な音にしています。こういうノイズ成分を音楽にどんどん押し込んでいくセンス、僕は大好きなのでマジでしびれる。

 10曲目の少女二人でのポリフォニー、これはイヌイットののど遊びなみに凄かった!声ではなくシンセサイザーなんじゃないかというほどの不思議な歌唱、見事な音感、複雑なポリフォニー…いやあ、これは感動だわ。。

 12曲目、15曲目の太鼓の合奏は、アフリカなのに以外にもポリリズムになっていなくて、和太鼓みたいにみんなで揃えて叩く感じ。リムショットまで和太鼓に似ていて驚きました。これは音楽はそんなに感動しませんでしたが、アフリカの打楽器音楽でこういうのを聴いた事がなかったもんで驚きました。

 ブルンジは、地図上の区分けでは東アフリカに入りますが、思いっきり内陸部なのでヨーロッパのアフリカ侵略史的に見ると「ジャングルのいちばん奥深く」という感じだったんじゃないかと。コンゴ川を奥に奥に行ったさらにその先で、ベルギー植民地だったことがあるので、いつか紹介した『闇の奥』に書かれた魔境のさらに先ですからね。さらに、1970年代に、ツチ族とフツ族の争いで、ツチ族支配に不満を持つフツ族がツチ族1万人を殺せば、その報復に逆に10万人(!)が殺されるというとんでもない政情不安定地域。ヤバすぎる土地に伝わっている音楽は、レイドバック系のあたたかいアフリカ音楽なんてもんじゃなくて、まさに秘境に伝わる呪術音楽のようでした。これは民族音楽としても素晴らしいけど、今の音楽としてもそのへんの音楽では手が出ないほどぶっ飛んだロックな音楽。民族音楽ファン以外にも大推薦の驚異の音楽です!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS