fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > テレビ番組   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

TVドラマ『ウルトラセブン』#2 第2~3クール

UltraSeven_BluRay1.jpg ウルトラセブン、観始めると止まりません。もう人生で10回ぐらい見てると思うんですが、それでも飽きない!なんといってもドラマ部分がよく出来てるし、特撮の見せ場がなかなか素晴らしいんですよね。クオリティは古いのでそれなりなんですが、構図やイリュージョンが秀逸。という訳で、今回は第2~第3クールから特に面白かったエピソードを紹介!

■#18「空間X脱出」
 パラシュート降下訓練をしていた警備隊隊員のうち二人が、空から降りてこないまま行方不明に。ふたりは空中に浮かぶ疑似空間に降りてしまったのだ。果たして脱出なるか。
 これも設定がすごい。空を見上げると地球があるシーンがあるんですが、構図が見事でした。そして、宇宙人の念力が作り出した疑似空間が消えていくシーンも、森の中の木が徐々に消え…という特撮が見事。特撮の技術力の高さとストーリーが見事に溶け合った傑作でした!

■#26「超兵器R1号」
 宇宙人の侵略から地球を守るために、人類は専守防衛といって惑星を吹き飛ばす星間ミサイルR1号を完成させる。しかしダンはそれに乗り気ではない。「侵略者はもっと強烈な破壊兵器を作りますよ」「我々はそれよりも強力な兵器をまた作ればいいじゃないか」「それは血を吐きながら続ける悲しいマラソンですよ」。そして、実験のために生物がいない惑星に打ち込んだはずのR1号に対して、惑星からは復讐の生物が地球に向かってくる。
Ultraseven ep18 これは有名な話で、当時冷戦状態だった世界情勢を批判した社会派ドラマ。今も戦争をしたがるエゴな政治家や資本家が後を絶ちませんが、もし彼らが子どもの頃にこのドラマを見ていたら、そんな考えを持たずに済んだんじゃないかと思えてなりません。戦争したがりの権力者は子供番組以下のゲス野郎だぜ、心してセブンを見るがよい!

■#33「侵略する死者たち」
 死んだはずの人間が、夜中に魂だけ身体から抜け出て防衛軍基地内を徘徊。確保した死体を見張るダンまでが囚われる。この事件の真相は…
 ここまで来るともうホラー(^^;)。60年代末から70年代にかけてって、心霊やらなにやらが今とは比べ物にならないぐらい信じられてました。この話で素晴らしいのは、人の体から魂が抜けだす特撮、そして影だけが人を追ってくるという構図の見事さ、ここです。子ども番組のレベルじゃない立派なカメラワークでした。

Ultraseven_ep33.jpg■#37「盗まれたウルトラ・アイ」
 女の宇宙人がひとり地球に侵入する。彼女は地球にミサイルを撃ち込もうとする宇宙人の工作員で、仕事を終え、仲間の迎えを待つ。しかし迎えは来ない。彼女は仲間に見捨てられたのだ。「この星で一緒に生きよう」と語りかけるウルトラセブン。しかし…
 なんというドラマでしょう、ウルトラセブンの中でベスト3に入れたい話です。このへんになると、怪獣も宇宙人も出さずにストーリーだけで見せてしまう話が目立ってきます。
 
 ウルトラセブンで面白いエピソードが集中してるのって、第3クール後半から第4クール頭なんですが、このへんのエピソードは「これ、もう子供番組じゃないだろ」というもののオンパレード。特に、脚本家陣と特撮班の頑張りがすごいです。いやあ、こういう素晴らしい作品に、物心ついたころから付き合う事が出来て、僕は幸せでした(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
だから、、、 
子供の頃は、なんで怪獣出ないんだよ〜ってなってたんですけど、、、。
取り残された少女宇宙人の哀しみよりも、怪獣が出ない私の方が悲しかった(^^)
Re: だから、、、 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます。

「盗まれたウルトラ・アイ」回、草案では「他人の星」というタイトルだったそうです。このタイトルならテーマが分かりやすかったかもしれませんね(^^)。そうそう、僕も幼少時はこのエピソードを面白いとは感じませんでした。これを素晴らしいと感じたのはもっと大きくなってからでした(^^)。

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS