fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Calypso Awakening』

Calypso Awakening カリプソのオムニバスでは、『Calypso - The Best Of Trinidad 1912-1952』という決定作を聴いて、これが政治風刺やら何やらを含んだ攻撃的な詩とは思えないほどにあったかくてのほほんとした楽園音楽で、思いっきりハマってしまいました。これはそのちょうど後になる1956~62年の音源を集めたコンピレーション、これも良かったです!半分ぐらいは有名なカリプソニアンの録音で、マイティ・スパロウやロード・メロディも入ってました。僕は有名だというこの2人ですら音を聴いた事がなかったのでそれ目的で買った所もあって、すごく楽しみでした(^^)。

 戦後のカリプソは、カリプソ・テントというステージを作って、カリプソニアンが次々に歌を披露することがあったそうです。内容は今のラップやレゲエに近い所があって、どれだけ自分が偉大かを自慢しまくる歌かとか、一緒にステージにあがった相手を即興でこき下ろす歌とか、なんともくだらない事に情熱を注ぎこんだ人が多かったそうな(^^;)。10曲目なんて、マイティ・スパロウとロード・メロディのののしり合いが、ご陽気な音楽に乗ってひたすら続きます('∀`*)コイツラアホダ。
 あ、そうそう、ミュージシャンの名前もけれん味たっぷりのものが多くて、Mighty Sparrow(強大な無頼漢)、Lord Melody(メロディの君主)、King Fighter にCommander…ブルースマンもビックリのビッグマウス揃いですねえ。あと、さすがはトリニダード・トバゴ、8曲目にはお家芸のスティール・パンの合奏も入ってました。これを聴きながらトランス状態で絶叫する客の歓声も凄い!

 他にも、キューバ音楽そっくりな音楽や、レゲエのルーツのような音楽、ホーンセクションのムードはサルサにも繋がっていそうなものも入ってました。カリブ海の音楽って、クンビアもキューバ音楽もレゲエもサルサも、みんな繋がってる感じ。成立年代的にいうと、カリプソはけっこう早いので、他の音楽に影響を与えた側面も強かったりするのかな?いや~カリブ世界の明るさとヤバさ、いいっすねえ。これもおすすめ!!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS