fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『The Allman Brothers Band / At Fillmore East』

Allman Brothers Band At Fillmore East 1971年発表、サザン・ロックを代表するオールマン・ブラザーズ・バンドの出世作にして代表作、2枚組ライブ盤です。バンドの実質的なリーダーはギタリストのデュアン・オールマンで、僕かこのバンドに興味を持ったのは、デレク&ザ・ドミノスのアルバム『いとしのレイラ』に参加していたデュアン・オールマンのギタープレイを聴いたからでした。ボトルネックを使った野太い演奏は、正直に言ってクラプトンよりカッコよく感じたんですよ!フォガットのロッド・プライスもそうですが、エレキギターのスライドプレイってブルースハープ的というか、ルーズにドライブする感じで好きなんですよね(^^)。

 音楽はブルースロックがベースにあるものの、グレッグ・オールマンが演奏するオルガン、見事にウォーキングするベース、そしてシャッフルやエイトと言って定型リズムやスリーコードに収まりきらないいくつかの曲の存在が、モダンさを漂わせていました。デュアン・オールマンのギターソロだけがフロント、あとはうまいけど全員サイドマン的で、リズムセクションもヴォーカルも派手さはなく渋いですが、凡百のスワンプ・ロックとは似て非なる達人の演奏、バンド自体がとんでもないうまさでした。
 ドラムはソウルやブルースなどのブラック・ミュージック系のセッションマンのような演奏が基本でしたが、レギュラーグリップでスティックをスパンと落としたり、「Stormy monday」の展開部ではライドでキープしておいておかずを入れるなど、かなりジャズに近い演奏もしてました。ベースも時としてバンドのカウンターラインを作るし、それでいてボトムをしっかり支えるし、なかなか見事。キーボードのグレッグ・オールマンは…もう、いい所をあげ始めたらきりがないです。でも音楽が地味なんだな…つまりはスタジオミュージシャンのブルース・ジャム・セッションなんじゃないかと。

 特にしびれた曲は…と書こうと思ったんですが、嵌ってしまってさっきから何回も聴いてるんですが、聴けば聴くほどすべての曲が素晴らしいです。いやあ、この音楽の良さが分かってきたら、聴き専でもロック中級を誇っていいかも(^^)。。
 「Statesboro Blues」「Done Somebody Wrong」は、バンド全体がオモテでスライドギターがカウンターのような演奏、つまりバンド全体を受けてしまうスライドギターがすごかったです。すごいと言ってもいぶし銀、ジャズでいえばコルトレーンじゃなくてハンク・モブレーみたいな。そうそう、後者はハーモニカもメッチャかっこいい!しかしみんなうまいな…。
 「Stormy Monday」は例の6度と9度を使うTボーン系のモダンブルースで、オルガンを使ったバンドのレイドバック感がメッチャかっこいい!これ、20代のミュージシャンが演奏した音楽じゃないだろ、酸いも甘いも知り尽くしたオッサンな演奏でしびれました(^^)。
 「Hot ‘Lanta」「In Memory of Elizabeth Reed」は、和声もリズムもちょっと面白いプログレッションをするインスト・ジャム。スリーコードとペンタトニックだけでやったら面白く出来ないこういうジャムに乗れたらアマチュア卒業って感じでしょうか、さすがにこのメンツだとうまいなあ、カッコいい。

 若い頃はブルースっぽくて単純にも感じるしアドリブも飽きるほど長く感じたんですが、いま聴くととんでもない。演奏技術だけで強引にいい音楽にしちゃっているきらいもあるけど、とても素晴らしかったです。冒頭3曲がブルースナンバーだからブルースのイメージがあったのかも知れませんが、曲順を逆にしたらサンタナやカーティス・メイフィールドあたりに近い、かなり高度でモダンなロックに聴こえるんじゃないかと。スタジオミュージシャン級(つまり、メッチャうまいけど華がない、みたいな^^;)のジャム・セッションという意味では、トラフィックのライブ盤あたりもこれに近かったですが、このクラスのミュージシャンのジャムって、派手さはないけど細かいところまで技が行き届いているから、聴いていて耳が離せなくなってしまうんですよね。若い頃はそういう所を全然聴きとれてなかったんでしょうね、僕(^^;)>。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
なんか刺激がなくって 
買ったけど、ほぼ聴かなかった大学生の私。
ハードロック好きだったからかもしれませんけど、なんか盛り上がりに欠けて感じと思って。
もしかしたら、いいオッサンとなった今なら全く違う感想かもしれません。この機会にspotifyで聴いてみます(笑)
ありがとうございます
Re: なんか刺激がなくって 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!コロナ、またすごい事になってきましたね。東京の方は大変みたいですね。

ああ、わかります。ハードロック聴いた後に聴くと、すこし泥くさいし冗長に感じるし、ちょっとばかり野暮ったいんですよね。
オトナになってから聴いたらドラムもギターも、あとアンサンブルの中でのバスの作り方も、実に細かい事していてうまくて、いぶし銀と感じました。ブルースロックが苦手な場合は、うしろの曲から聴いていくとカッコよく感じるかも知れません!

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS