fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Billie Holiday / Lady in Satin』

Billie Holiday Lady in Satin 1958年録音、晩年のビリー・ホリデイが作ったアルバムです。内容はウィズ・ストリングスで、アレンジャーはまだ無名に近い若手だったレイ・エリス。ビリー・ホリデイの指名だったそうです。ジャズ・バンドの方には、マル・ウォルドロン(p)、バリー・ガルブレイス(g) なんて名前が見えました。おお、マル・ウォルドロンがレディ・デイの歌伴やった録音って残ってたんですね、知らなかった。。

 ああ、オケが素晴らしいわ…。匂いは50~60年代のボッサについてるストリングスとか、映画『いそしぎ』とかの古いアメリカ映画みたいな感じ。演奏もアレンジも、そして空間を広く取った録音も絶品でした。そうか、ビリー・ホリデイがサテンのように滑らかな音の中にいるから「レディ・イン・サテン」なんですね。すでに大物シンガーだったレディ・デイも、レイ・エリスの音楽をどこかで聞いて感動して、彼と仕事をしたいと思ったのかも。
 ただ、ビリー・ホリデイのヴォーカルが…声は酒焼け、ピッチも声量も安定させることが出来ず、味なんて言って受け入れられないほどのバッド・コンディション。痛々しくて聞いていられないほどでした。ビリー・ホリデイって、若い頃はレスター・ヤングと朝まで飲み歩き、晩年は男に教えられた麻薬に苦しんだそうです。それが拙かったのかも。のどは替えがきかないので、ヴォーカリストは酒たばこは厳禁と言われますが、それを痛感させられるレコードでした。これ、ビリー・ホリデイ全盛期の声だったら大名盤だったかも。。

 僕が持っているのはボーナストラック入りのCDですが、リハ風景も入っていて面白かったです。生弦もバンドもヴォーカルも同時録音なんですね。失敗してビリー・ホリデイが止まるとオケも止まって弾きなおし、みたいな。弦録音って86442ぐらいでも時間100万円以上はかるかかるから、今だったら仮歌だけ入れて弦の録音をとっとと終わらせ、あとで本歌をダビングするので、いい社会科見学をさせてもらった気分でした。ウィズ・ストリングスって大物にしか許されない録音なんですよね。

 もしこのオケでフロントが奇麗な声で歌うだけの人だったら、単なるイージーリスニングになっていたかも。何らかの深みを感じさせる人がフロントに立ったのは正解だったのかも知れません。僕は翌年にビリー・ホリデイが死ぬ事を知ったうえでこのアルバムを聴いてしまったもので、メル・デイヴィスのトランペット・ソロが葬送のファンファーレに聴こえてしまいました。うう、泣ける…。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS