fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ブルース・ソウル   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Magic Sam's Blues Band / West Side Soul』

Magic Sam West Side Soul 32歳の若さで死んでしまったシカゴのブルースマン、マジック・サムが生前に残したアルバムはたった2枚。1967年発表の『ウエスト・サイド・ソウル』はそのうちの1枚で、マジック・サムといったらまずはこのアルバムじゃないでしょうか!僕のマジック・サム初体験はこのアルバムでした。

 バディ・ガイやオーティス・ラッシュあたりと一緒にシカゴ・ブルースを進歩させたミュージシャンときいていたので、もっとロックなバンド・ブルースかと思ってたんです。ところが、1曲目「That’s All I Need」がサム・クックかサザン・ソウルあたりを連想させる爽やかでほんわかしたソウル・ミュージックみたいな雰囲気で、肩をすかされたように感じた高校生の頃の僕でした。
 このゆるい印象に輪をかけたのが、高くて細い声のヴォーカル。同時代のバディ・ガイやオーティス・ラッシュにしても、ちょっと先輩のサニー・ボーイ2世やハウリン・ウルフやマディ・ウォーターズにしても、シカゴ・ブルースってだみ声で叫ぶ不良中年オヤジ感が正義みたいな所があるじゃないですか。それがさわやか青年みたいなヴォーカルを聴かされたものだから、軟弱に感じちゃったんですよね。
 ところがいま聴くと、声が奇麗でもそれはそれで違う色のブルースとして面白いし、さわやかな曲想でもソウルとブルースとロックのかけ合わせみたいで面白く感じるんですが、若い時はそういう聴き方ができませんでした。まあ、若いというだけでひとつの価値観しか持てない未熟者確定みたいなものですからね(^^;)。この1曲目の爽やかでゆるいイメージが強烈すぎて、このアルバムはそういう音楽だと記憶に深く刻まれてました。

 久々に聴くと、「I Feel So Good」や「All Your Love」、さらにインストの「Lookin’ Good」あたりはジミヘンのルーツみたいにえらくロックでクソカッコいい!「I don’t wat no woman」「I found a new love」なんて、なるほどオーティス・ラッシュばりにダークでやさぐれたバンドブルースで、これもカッコいい!さらに「My Love Will Never Die」まで来るとさわやかの「さ」の字もない超絶な暗さ(途中でちょっと演奏ミスってますけどね^^;)。いやあ、このアルバムって実は1曲目を飛ばして聴くと印象がまったく変わるんじゃないかと思いました。そう思ったところで、昔も似たような事を思ったな、なんて思い出したりして。

 というわけで、「That’s All I Need」のサザエさん的なゆるさがあまりに印象に強く残っていたアルバムですが、それを除けばロックに近づいた60年代のシカゴ・ブルースの典型じゃないかと。記憶とはぜんぜん違うカッコよさでした…が、声が細いのはやっぱり趣味じゃないかも(^^;)。僕的には歌わずにギターに徹していてくれた方がより好きになったかも知れないブルースマンです。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS