fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Ariel Ramirez / La Zamba』

ArielRamirez_LaZamba.jpg 1967年リリース、アルゼンチン・フォルクローレの世界で知られる作曲家/ピアニストのアリエル・ラミレスによるピアノ・ソロ録音です。タイトルからして、サンバ曲集ではないかと。

 ここでいうサンバはブラジル音楽のSamba ではなく、アルゼンチンのカップル・ダンスのZamba。3拍子と6/8拍子が混ざったようなリズムをしていて、僕は自分の趣味もあってインストばかり聴いてきましたが、実際には歌がつくものが多いのかな?このレコードに収録されていた12曲も、すべて6/8系のリズムでした。Zamba の名曲といえば、アタウアルパ・ユパンキ「Luna tucumana」(トゥクマンの月)とか、本作の主人公アリエル・ラミレス作曲「Alfonsina y el mar」(アルフォンシーナと海、メルセデス・ソーサの大名盤『Mujeres Argentinas』収録)に「La Tristecita」(悲しみのサンバ)あたりの曲が有名です。で、このアルバムはサンバの大有名曲「La Tristecita」が収録されていたので手にした次第。高かったよ。。

 アルゼンチン音楽のうえに元々が舞曲なわけだから、ものすごいリズミカルだったり激情の演奏なのかと思いきや、かなりソフトな演奏でビックリ。へえ、こんなしっとりした音楽なんだ、みたいな。ただ、たった1枚のレコードを聴いて一大ジャンルを形成しているアルゼンチン・フォルクローレの民族舞曲の傾向を分かった気になるのは危険ですよね。だいたい、Zamba って本当はギター中心の音楽だって僕は思ってましたし。
 ここまでソフトになるのは、アリエル・ラミレスさんがピアニストより作曲家という面の強い人だからかも知れません。クラシックの世界もそうですが、作曲家の自作自演って、演奏がマッタリするものが多いですが、あれってそういう音楽にしたいわけじゃなくて、劇的なスパーンとくる演奏をできないだけの気もします(^^)。まあでも、こういう抑制した表現のうしろにも人の感情を表現しようとした音楽に感じたのもたしかで、南米音楽のうちでも、南米的な感情や気質を西洋音楽の書法で仕上げたものに感じました。西洋音楽チックなものを作ろうとすれば出来るんだろうけど、あくまでアルゼンチンの民間音楽にこだわるところが、いかにも南米の人のアイデンティティらしく感じました。
関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS