fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『遠藤賢司 / 満足できるかな』

EndoKenji_ManzokuDekirukana.jpg 1971年に日本のフォークシンガーのエンケンさんが発表したセカンド・アルバムです。代表曲「カレーライス」や「満足できるかな」が入っています。

 フォークギターを弾きながらハーモニカを吹いて歌うからか、ボブ・ディランに近い音楽に感じました。収録曲のほとんどがアルペジオでしっとり歌うので、日本の70年代フォークの匂いはあるんですが、「満足できるかな」がロックバンドをバックにジャカジャカ弾いて歌ってるので、なおさらボブ・ディランっぽく感じたのかも。
 僕が好きなのは、「カレーライス」でも「満足できるかな」でもなく、アルバムの最後に入っていた「君はまだ帰ってこない」。演奏はHのスリーコードなんですが、最初のメジャーセブンの心地よさがこの曲のムードのすべて。そして詩がこのムードにビタッとはまっていてジーンと来ました。

 隣の家の柿の実が、柿の色してとてもきれい。
 部屋の中の風車は、ストーブのあったかい風でクルンクルン。君はまだ帰ってこない…


 いやあ、この情景が分かるのは日本人だけでしょう。僕のまぶたの裏には、土の庭にある柿の木や、雑種っぽい日本犬、四角い木を張り合わせて作ったような家の壁なんかが鮮明に浮かんでます。70年代、僕の近所にいる飼い犬の多くは雑種だったなあ。。

 エンケンさん、僕はこのアルバムしか聴いてないんですが、最後の「君はまだ帰ってこない」のために僕はいまだにこのアルバムを手放さずに持っています。日本のフォークはあまり聴いてませんが、こういう世界を歌えたのって70年代までだったかも知れません。今、日本の日常風景の中に日本的情緒を感じる景色なんてあまり残ってないし。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS