心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『SCORPIONS / Love at the First Sting』

Scorpions_LoveSting.jpg いきなりこのレコードとは関係ない話で恐縮ですが…僕の音楽ライフって、ざっくりジャンルで分けると、クラシック4/ジャズ3/ワールド2/ロック・ポップス1、みたいな割合です。このブログを始めた頃は、「どうせ現代音楽やフリージャズばかりでいっぱいのブログになるんだろうなあ」と思っていたのですが、ふたを開けてみると自分でもびっくり、記事の割合が全く逆になっている。う~ん、不思議だ…と思ったのですが、例えばクラシックでは、ひとつの大好きな曲があると、何十回もそれを聴いて、その楽譜を買って、曲を分析して、演奏してみたりして…みたいな感じになるから、CD1枚に対する時間のかかり方がロックやポピュラーとは全然違うのかも。どちらが良いという事ではなく、そういうものなんでしょうね。

*****
 さて本題です。ひとつ前の記事でとりあげたアイアン・メイデンは、ジャケットがダせえと感じてなかなか踏み込めなかったメタルバンドでしたが、このスコーピオンズはその逆で、ジャケットがカッコいいと思ってすごく入りやすかった。というか、スコーピオンズのアルバムは、エロかっこいいジャケットだけで全部欲しくなっちゃう魅力がありました(^^)。このアルバムのジャケットなんて、色々なものを1枚の写真だけで表現出来ていて、すごくセンスがいいと思いました。クラシックやジャズでこのジャケットはあり得ない。つまり…クラシックやジャズにはない価値観というものを、このロックのアルバムは有しているという事だと思うんですよね。

 で、このアルバムは、僕がメタルという音楽を聴き始めたばかりの時に聴いた思い出の一枚。最初に何にビックリしたかというと、その音の良さでした。ものすごくよく抜ける音なんです。このレコードを聴いた後に、同時代にあった日本のポピュラーのレコードとかを聴くと、すごくモッサリして聴こえる。ハイとローが凄く立ってるんでしょうね。これがとにかく衝撃。で、このギラギラした音で、アルバムはものすごい速弾きのギターで始まって、中学生でメタル未体験の頃の僕はマジですごいと思った!!そして、いきなり曲がブレイクして無音になったりするところも、まじで雑音が聞こえない!!…う~ん、言葉で書くとバカっぽいですが、メタル音楽の魅力のひとつって、このサウンド・メイキングによるところが結構大きいと思うんですよ。音楽がいいとか悪いとか以前のところで、音だけで「カッコいいな」と思ってしまうんですから(^^)。

 音楽はというと、僕の中にあるメタルのステレオタイプというかんじ。うまくなってからのブラック・サバス的というか、あのカラーです。もう、どれを聴いても同じで、超キンタロー飴。それを良いと捉えるかどうかで、このアルバムの良し悪しは変わってくるかと。僕にとっては、面白い事に、これが最高であり、また最悪でもあったんです。
 いい所から言うと…冒頭の"Bad Boys Running Wild"と"Rock You Like a Hurricane"の2曲が、定型メタルの良い面がすべて詰まっているように聴こえて、素晴らしかった!縦線のビッチリあったプレイ、ギターの速弾き、ハードロック/メタル特有の速いビート、ハイエッジのサウンド…。中学生の時、この2曲に、はっきり言ってぶっ飛んだのです(^^;)。これはカッコいい、これをカッコいいと思わない人なんかいないんじゃないかと思えるぐらいに完成されてる。で、悪い所は…もう、典型的な、いかにもありそうな曲ばかりなので、すぐに退屈してしまいます。曲は2ハーフでキッチリ終わるという形しかないし、調もどれもこれも同じ…演奏や曲が良いとか以前の所で、何か聴く前から知っていそうな音楽ばっかりなんですよね。この部分は、前の記事で書いたアイアン・メイデンの1stとは真逆。創造的な部分を感じることが出来ず、良く出来た大量生産品と感じてしまいました。

 というわけで、中学生の頃も、このアルバムの冒頭2曲だけしか聴きませんでした。しかし…この2曲が素晴らしすぎるので、捨てられないんだよなあ。完成度自体は高いと思うので、この「型」が好きな人にとっては、たまらない1枚になるかも。あ、そうそう、僕にとって、このアルバムがスコーピオンズ初体験だったもので、僕の印象で「スコーピオンズというのはメタルの定型句を演奏するバンド」という印象がついてしまったのですが、のちに昔のスコーピオンズのアルバムを聴くに至って、この考えが180度変えられることになろうとは、その時は知る由もありませんでした。。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS