fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Shirley Bassey / Live At Carnegie Hall』

Shirley Bassey Live At Carnegie Hall ジェームス・ボンドの映画主題歌と言えば、何はなくともイギリス(ウェールズ)の歌手シャーリー・バッシー!僕的には、「ゴールド・フィンガー」のテーマソングは、007のテーマよりも印象が強いです。「ゴ~~ルドフィンガ~~」の振幅の広いヴィブラートが病みつき(^^)。このレコードは2枚組のライブ盤で、伴奏がなんとウディ・ハーマン楽団!それでいて、エレキ・ベースが入っていたり、ストリングスもいたりして、相当な豪華さです。

 声の張りも声量もピッチも、そしてあのヴィブラートも見事。おおーこれは本物のプロ・シンガーだ、ウディ・ハーマン楽団を前にして全然ビビらずにここで歌えるのか、すげえ。僕だったら、カーネギー・ホールでバックがウディ・ハーマン楽団ときたら、ビビッて声も出ないんじゃないかなあ(^^;)。この手のシンガーさんって、微妙なニュアンスとか何とかより、なによりストリングスやビッグバンドに負けないだけの声量と通る声を出すのが重要なんでしょうね。色としてはカーメン・マクレエとかダイナ・ワシントンとか、ああいう感じで、「バンドのみんなも弦のみんなも、フロントは私に任せなさい!」みたいな迫力。こういう人って、映画音楽だけじゃなく、ラスベガスのステージとか、そういう所に立っても楽器としての声で歌えてしまうんでしょうね。20世紀の英米エンターテイメント音楽の本物のプロ歌手だと思いました。

 ただ、バックバンドのアレンジがなんとも歌謡ショー的で、ちょっと萎えました。。なるほど、昔は売れてる歌手のバックバンドをビッグバンドが支える事がありましたが、ああいうのって日本だけじゃなかったんだな、みたいな。アメリカにもイギリスにもフランスにも、そういう作り方をするステージってあったんですよね。

 というわけで、せっかくウディ・ハーマン楽団まで使ったのにオケが残念でしたが、歌が凄い!シャーリー・バッシーのアルバム、僕はこれしか聴いたことがありませんが、エンターテイメントな歌謡ショーといえど、超一流プロ・シンガーが歌うとここまで凄くなる事を思い知ったライブ・アルバムでした(^^)。ライブで聴いたゴールドフィンガーの迫力も凄かったです。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS