fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『青木菜穂子 / 遥かなる午後』

AokiNahoko_HarukanaruGogo.jpg 新譜を買うなんて5~6年ぶりのご無沙汰。そんな僕がJazzTokyoに載っていたPVを見てひとめぼれしたのがこれ、日本のタンゴ系ピアニストの青木菜穂子さんの新作、2022年発表です!僕は古い人間なのでストリーミングやダウンロードは苦手で、レコードやCDみたいにフィジカルがあって欲しい人なもんで、CD発売というのも良かったです(^^)。

 タンゴ・ピアニストと聞いていたし、実際にも半分ぐらいはタンゴの作曲家の曲を取りあげていましたが(でも僕が知っていた曲は1曲しかなかった^^;)、聴こえてくる音が僕のイメージするタンゴとはぜんぜん違って、クラシックのピアニストが西洋ポピュラーを演奏したかのように感じました。タンゴ自体がそういう知性面を持っている音楽ではあるんでしょうけど、それがライト・クラシックやイージーリスニングにいくんじゃなくて、かといって形だけのなんちゃって洋楽かぶれ日本人ミュージシャンになるんでもなくって、もっとレベルが高いというか。
 とくに演奏表現がメッチャクチャすばらしかったです!インテンポのところでも常に歌っていて、それが繊細でゾゾ~ッとくる、みたいな。僕の趣味よりはちょっとロマンチックすぎるきらいがあるけど、でもこれだけロマンチックで繊細だからこそ感動したのかも。この切なさ、女流ピアニストならではなんじゃないかなあ。

 個人的には、タンゴやフォルクローレの曲(少し前に書いたアリエル・ラミレスの曲をやってる!)よりも、青木さんのオリジナル曲が素晴らしかったです。僕がPVを観て一瞬で心を奪われてしまった曲は、ヴィブラフォンとの二重奏「Florece en la madrugada」、青木さんのオリジナル曲です。メゾピアノから徐々に上げてクライマックスに達する構成力と表現がもうね…。僕はたいがい仕事をしながら音楽を聴いてるもんで、普段は小さな音で音楽を聞くんですが、この曲ばかりは大きな音で聴いてしまいました。録音も込みなのかも知れないけど、大きい音で聴くと音が美しすぎ。魂を持ってかれてしまいました。

 音楽の道で生きてきたピアニストが、自分の言葉で語った自伝か私小説のように感じました。ミュージシャンって、独学で楽器弾いて作曲して…みたいなタイプもいますが、その手の人は実際のところ音を言語的に使う事が出来ず、本当の音楽家とはちょっと違うと思っています(それが悪いとは言ってません)。一方で、音感を持ち、音楽を音の言語として理解できる人、これが僕が思うところの本当のミュージシャン。このCD、一聴して「これはミュージシャンだわ」と分かるレベルでしたが、こういう正式に音楽教育を受けてきた人って、プロ・ミュージシャンになって、音楽の仕事で呼ばれて演奏して、いつの間にか情熱をうしなって自分の音楽を作る前に歳をとって…みたいなことも多いと思います。ミュージシャンとアーティストであることは別なんですよね。
 青木さんもそういう人生を送ってきた人の気がしますが(あくまで僕の勝手な想像です^^;)、そういう人生の中で、自分を音でしっかり語ったのがこのアルバムな気がしました。「いつか私の人生も終わっていくけど、こんな風に私はこの世界を感じていたんですよ」、みたいな。私小説みたいな作品なので、大名盤みたいに言われる事はないかもしれないけど、音だけで語れるレベルの人ならこのアルバムの素晴らしさは分かるんじゃないかと。ピアニストの人間そのものが音ににじみ出たような、嘘のない素晴らしいアルバムでした、これは推薦!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS