fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Judas Priest / Screaming for Vengeance』

Judas Priest Screaming for Vengeance 邦題は「復讐の叫び」、1982年発表のジューダス・プリーストの8枚目のアルバムです。これも『British Steel』に並んで、ジューダス・プリーストのアルバムの中で好きなアルバムです(^^)。

 メドレーの1~2曲目「The Hellion~Electoric Eye」のツイン・ギターの重ね方や展開の仕方がものすごくカッコいい!3曲目「Riding on the Wind」のイントロのドラムのタム回しがクソカッコいい!ギターソロはタッピングだらけでまったくブルース色を残してなくて鋭い!
 あと、とってもニッチな話ですが…この時代のジューダス・プリーストのドラマーはデイヴ・ホランドという人で(あのジャズの偉大なベーシストじゃないよ^^;)、この人はツーバスじゃないもんで後年のファンからは軽く見られてるみたいですが、僕的にはこの人のドラムが好き。フィルはメッチャかっこよく感じるし、ミュートしてないキックやローチューンだけど伸びのいいスネアの音が実にメタルでいいっす(^^)。80年代ロックののいいところをあげるとしたら、ヘヴィーメタルが作り上げたドラムサウンドは確実にそのひとつ。革命だったと思います。

 ジューダス・プリーストがニューウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル(NWOBHM)に入るバンドなのかどうかは知りませんが、僕的には80年『British Steel』からしばらくのジューダス・プリーストと、デビューから2作目までのアイアン・メイデンのアルバムが、80年代イギリスのヘヴィメタルのイデアを作り上げたと思っています。タッピングを駆使したギターソロは、以降に続々と登場したメタルのギターヒーローの先駆といった感じだし、ギターの5度でザクザク刻むカッティングなんてスラッシュの原型。また、このアルバムに入っている「(Take These) Chains」なんて後のLAメタルのポップでメタルな曲想そのまま。
 僕はこのアルバムをはじめて聴いた時にはあまりメタルを聴かなくなってましたが、聴くタイミングさえ間違ってなかったら大好きになっていただろうアルバム、80年代英ヘヴィーメタルを代表する名盤のひとつと思います。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
ドラムですよ! 
Riding on the Windの入りはたまらんです。
これのライブバージョンは私的にはプリースト史上ナンバーワンくらい好きなイントロです
Re: ドラムですよ! 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます。ようやくあったかくなってきましたね。

あのドラムのイントロ、メッチャかっこいいですよね!ライブバージョンがあるんですか!って、そりゃありますよね。
間違いなくカッコいいだろうなあ、聴いてみたいです!

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS