心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『EMBRYO / Embryo's Rache』

Embryo_Rache.jpg ひとつ前の記事の、スコーピオンズのファースト・アルバムと同じように、ドイツ産のアートロック的なアルバムをひとつ。エンブリオというグループの発表したセカンドアルバムです。日本タイトルは「胎児の復讐」。

 僕が初めてこのアルバムを知ったのは、「ジャーマン・プログレッシブ・ロック」という脈絡からでした。若い頃、ロックといってとにかくハマったのが、サイケデリックとかプログレッシブというジャンルのロックでした。うまいとかヘタとか、そんなのはどうでもよくて、とにかく独創的な音楽が大量にあって、面白すぎる。。プログレというと、イギリスのキング・クリムゾンあたりを真っ先に思い浮かべてしまう僕にとって、このアルバムでのエンブリオは、プログレというにはあまりにサイケ。このニュアンスは、多くのジャーマン・プログレと呼ばれるグループに当て嵌まる気がします。すごくドロドロのジャム・セッションのような音楽が多いんです。
 そして、このアルバムです。やっぱりこのアルバムも、すごく印象的なリフをぐるぐる繰り返すうえで、えらくエキゾチックな感じのフルートやオルガンが延々とアドリブを取るとか、そういう感じ。また、バタとか、アフリカ系なんじゃないかというような民族打楽器が入り込んだりして、すごくエキゾチックな感じがあるのも特徴。「プログレ」という触れ込みで聴いたものだから、どうしてもキング・クリムゾンのような超絶技巧で白熱の演奏に、現代音楽やらジャズやらが乱れ飛ぶものを期待してしまったもので、最初に聞いたときはちょっと肩透かしを食らったような気分。しかし…これが聴いているうちに、異様に病みつきになる。同じリフ・パターンの上を延々とジャムするものだから、なんか呪術的な陶酔状況に入り込んでいくというか…。同じところをぐるぐる回りながら、どんどん高揚していく民族音楽ってありますよね。バリ島のガムランとか、チベットの仏教音楽とか、トルコのイスラム教の旋回舞踊とか。あんな感じで、どんどん意識低下していく感覚。酒に酔った時に、少し意識がぼうっとする時の気持ち良さってあるじゃないですか。あんな感じ。いやあ、これは素晴らしい。
 また、ぜひお勧めしたいのが、CDの方です。僕がこのCDを買った頃、LPには未収録のジャムセッションが、ボーナストラックで2曲入ってました。"Tabarinman's Return"という曲のパート1~2というヤツなんですが、これがまた延々と続くジャムセッションで、いつ終わるとも知れずに垂れ流しなんですが、これもハマる!なぜエンブリオというグループが民族音楽的な方向性を持ったのか(楽器だけじゃなくて音楽性も)、そこにどういう思想を見出したのか、こういう所を考え始めたら面白くて仕方ありませんが、まずはこの音楽の独特の「ジャーマン・プログレ」的な感覚を体験するというだけでも素晴らしい事なんじゃないかと思います。きっと、「おおお~すげええ!!」とはならないと思うんですよ(笑)、でも、ジワジワ来る。ジブの意識の状態が変わっていくのがわかる、陶酔の音楽です。おススメ!


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS