心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『クリュイタンス指揮・パリ音楽院管弦楽団 / ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ 他』

Ravel_Pavane.jpg 若い頃は、駅で電車を待っているときに、飛び込み自殺で電車が遅れると、ムカついてました。「ああ、急いでるのによお…」みたいな感じ。しかしいつからかこの感情が変わって、哀れに思うようになりました。飛び込み自殺をするなんて、余程の事があったんだろうな、と…。

 精神がボロボロで、泣きたくなる時ってありませんか?泣いたり愚痴を言ったりすると、精神も肉体も回復が速いそうですね。数日前にテレビでやっていたのですが、ある科学的な実験で、意図的に傷をつけた被験者が、そのことについて愚痴を言うのと言わないのとでは、愚痴を言う方が傷の治りが4倍速かったそうで。いやあ、エセ科学っぽくてにわかには信じがたい話ですが、「泣くとすっきりする」という事が実際にある以上、当たらずとも遠からずなのかも知れませんね。しかし、小さい時から「男というのは…」と自分を鍛えてきてしまった僕は、そう簡単に泣く事が出来ないんですよ(^^;)。小さい頃は泣き虫だったくせに、「泣いちゃいけない」と自分を訓練してきたものだから、大人になったら泣こうと思っても泣けなくなってしまったのです。最近、すごくつらい事があって、本当につらくて、それでも泣けば少しは気が晴れるだろう…と思ったのですが、泣く事が出来ない。そこで聴いたのが…ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」です。

 いままで出会ってきたバラードのうちで、いまだに最も素晴らしいと思う曲です。ピアノ独奏もありますが、管弦での演奏もあります。特に、ホルンの響きがこの世のものとは思えないほどに美しい管弦楽版が好きです。官能の極みというか、俗世間からは完全に離れた所で響いている音。あまりにも有名な名曲なので、この曲を好きだという人はたくさんいると思います。僕も、この曲の録音をいくつも持っています。その中でも、ちょっと背筋にゾクッとくる感じが尋常じゃないのが、このクリュイタンス指揮・パリ音楽院管弦楽団による、1962年録音の本作。もう、管弦楽団のアンサンブルの音の溶け具合が素晴らしすぎる、ホルンのソロが美しすぎる。「亡き王女のためのパヴァーヌ」を好きな人で、この録音を聴いた事がない方は、ぜひ一聴をおススメします。もう、恍惚に傷つき沈む…という境地です。死ぬ瞬間に見えるおぼろげな楽園のようです。背筋がゾクゾクして、涙が止まりません。悲しい涙ではないんですが…。

 …なんか、自分の精神状態が良くないもので、変な文章になってしまいましたが、とにかく素晴らしい一枚。他の曲の演奏も実に見事。「クープランの墓」のオーボエソロなんて鳥肌モノです。ラヴェルという作曲家は、フランス音楽の流れで、独特な和声を使った作曲家ですが、しかしそれが前衛に走るのではなく、官能的に音を響かせたという所が素晴らしすぎます。死ぬまで聴き続けるだろう1枚です。

1-4. クープランの墓
5. 古風なメヌエット
6. 道化師の朝の歌
7. 海原の小舟
8. 亡き王女のためのパヴァーヌ




関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS