『François Leleux / hautbois』

Leleux.jpg フランソワ・ルルーというフランス人オーボエ奏者のCDで、プーランクとブリテンの曲を取り上げています。ここ最近の記事のキーワードは、「フランス」なんです。このキーワードを少しご記憶いただいて…

 この素晴らしいCDに関しては、書きたい事が山ほどあるのですが…まず、演目。クラシックのオーケストラでの木管楽器は、高い音の順にフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴットの4つがあります。で、オーボエというのは、オーケストラの調律の基準となり、また木管の旋律パートの花形。あのダブルリード楽器特有のサウンドもあって、個人的にはオーケストラにとっての超絶に重要なポジションと思っています。ところが、それだけ素晴らしい楽器だというのに、クラシック以外のジャンルではあまり用いられない。南北アメリカの音楽でも、フルートやクラリネットが用いられることはあっても(たとえばジャズ、タンゴ、その他もろもろ…)、この超絶に素晴らしい楽器が用いられることはあまりありません。ダブルリードというだけで手入れも演奏も大変でしょうから、そういったカジュアルな音楽で使うには厳しい楽器なのかも知れません。そんな事も、この楽器に「クラシック的な崇高な何か」を与えているのかも。
 この楽器の次の問題は、そのオーボエの素晴らしさを表現できる曲は何かという事。僕は、オーボエの傑作のひとつとして、プーランクのオーボエソナタを挙げたいです。で、このCDには、その超名演が入っている!!いやあ、これは素晴らしいですよ。。他にも、このCDではじめて知った曲も入っていたんですが(例えばブリテンの「オウィディウスによる6つの変容」)、これも、よくぞまあこんな名曲が知られていなかったものだなあ…というほどに素晴らしい。ちなみに、収録曲は以下の通り。

(プーランク)
・オーボエ・ソナタ
・オーボエ、バスーン、ピアノのための三重奏曲
(ブリテン)
・テンポラル・ヴァリエーション
・オウィディウスによる6つの変容
・2つの虫の小品

 次に、フランスのオーボエについて。オーボエと言えば、ドイツのオーケストラに名プレイヤーが集中している気がします。例えば、ホリガー。あの超絶的なテクニックはたしかに悶絶しまくってしまうのですが、なんというのかなあ…ジャズの管楽器奏者みたいに、ものすごく鋭い音でくるんですよね。で、ドイツのオケのオーボエって、こういうカラーのものが多い気がします。ところが、フランス系のオーボエって、音がものすごくふくよか。ほら、ジャズで言えば、ニューヨーク周辺のサックスと、ウエストコーストのサックスでは、音の出し方が全然違うじゃないですか。昔、知り合いのサックス奏者に尋ねたところ、なんでもリードの削り方が全然違うんだそうで。。で、フランスのオーボエって、音自体が音楽的というか、これだけで素晴らしい次元に連れて行ってくれる感じです。そしてこのルルーというオーボエ奏者は、フランス系のオーボエのエッセンスを全て実現している感じ。素晴らしすぎます。この「ドイツとフランス」の差って、オーボエに限らず、チェロの弓の持ち方なんかにも「フレンチ持ち」みたいのがあるみたいで、もう「音楽自体をどう響かせるか」という所が根本的に違うんでしょね。実際に、「ジャーマン・オーボエ」「フレンチ・オーボエ」という区分けも存在しますし。で、ルルーという人、なんと18歳にしてパリ・オペラ座の首席奏者になったというのだから、早熟な天才と言えると思います。きっと、ドイツ系でないというだけで割を食ったというだけで、実際には「本物」という事が出来ると思います。むしろ、こういう人を積極的に紹介する事の出来ないクラシックの評論界がダメというか…。

 クラシック業界とういやらしい構造が故に軽視され、しかし実際の現場では「本物」として名の通っている人。な~んていうのは僕の勝手な想像ですが(^^)、このCDをはじめて聴いた当時、「なぜこれほどの人を僕は知らなかったのだろう」と思わされた、素晴らしい1枚です。まさに天上の音楽、超おススメ!!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド