『Johnny Griffin / White Gardenia』

JohnnyGriffin_WhiteGardenia.jpg しつこいですが(^^;)、もうひとつだけ「レフト・アローン」絡みのアルバムを。これは大好きなアルバムです!ジャズのテナー・サックス奏者ジョニー・グリフィンのウィズ・ストリングス作品であると同時に、ビリー・ホリデイのトリビュート・アルバム。1961年の録音です。

 ジャズのサックスにウィズ・ストリングスというのは、レコード独自の企画というか、これを普段のライブでなんかなかなかできないと思うんですよね。だから、一期一会となるというか、よほどブレイクしたサックス奏者じゃないとなかなか出来ないんじゃないかと思います。ただし、一期一会なだけに怖さもつきまとう事になって、ストリングス・セクションのアレンジャーにアーティスト性が無いと、単なる大量生産品のひとつとか、やっつけ仕事みたいになっちゃう。ある程度自分でアレンジしちゃう人ならいいんでしょうけどね…。しかしこのアルバムのストリングセクションは素晴らしい!オーソドックスに美しいものもあれば、かなり実験しているもの、独特なものまで、かなり気合を入れて作ってある感じがします。

 まずは、お題の"Left Alone" ですが…これがかなり実験的というか、斬新なアレンジです。こんなウィズ・ストリングスのアレンジの仕方があるのかと、最初聴いたときにはびっくりしました。これがいいか悪いかはともかく、素晴らしいトライをしてくれたと思いました。これだけでも、このアルバムは買う価値があるかと。
 しかしそれ以上に素晴らしかったのが、表題曲"White Gardenia"。この曲はさすがにアルバム・タイトルにしただけの事があるというほどの素晴らしさと感じます。素晴らしすぎる!!もう、ストリングスの音が今では出せないようなあの滲んだ感じになるし(ヴィオラが強いようなあの古~い感じです!)、それがサックスと絡んでいくアレンジメントが素晴らしい。他に面白かったものとしては、"Gloomy Sunday"のアレンジ。「暗い日曜日」って、聴いた人がどんどん自殺しちゃうものだから、BBCで放送禁止になっちゃったという曲ですよね。それを、ジャズバンド&ブラス&ストリングスでけっこう普通のアレンジをしてあるんですが、なんかこれが古いアメリカ映画の音楽みたいでグッときちゃいます。ホルン・セクションの処理の仕方も「古き良き…」といった感じで、すごいい。

 いやあ、コンセプトがしっかりしていて、しかもそこに向けて音楽家が「本気」で取り組んだものって、やっぱり素晴らしい。これはまったく有名じゃないアルバムだと思うのですが、その素晴らしさは正真正銘。あまりサックス・ウィズ・ストリングスの好きでない僕ですら、聴き始めたら止まらなくなっちゃう。ため息が出ちゃう。久々に聴いているのですが、素晴らしすぎてもう3周目です(^^)。。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド