心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Johnny Griffin / Little Giant』

JohnnyGriffin_LittleGiant.jpg テナーサックス奏者ジョニー・グリフィンが、1959年に録音した彼の代表作です。豪快、爽快なイケイケのハードバップの名盤です!いやあ、僕の中では、数あるハードバップのレコードの中でもこれは上位ランキング、けっこうな頻度でターンテーブルに乗っています(^^)。

 前の記事ではジョニー・グリフィンwithストリングスのレコードを取り上げましたが、あれはグリフィンさんとしてはけっこう異色の作品で、実際のグリフィンさんの音楽って、このレコード『リトル・ジャイアント』みたいなイケイケのハード・バップみたいな方が近いんじゃないかと思います。他のリーダー作もイケイケのハード・バップものがほとんどですしね(^^)。で、このレコードには特にカッコいい所がいくつかあります。
 まず、3管セクステットのアンサンブルがカッコ良すぎるという事。ハードバップなので、アンサンブルといってもテーマ部分と要所ぐらいしかアンサンブルしないんですが、このアレンジがめちゃめちゃにカッコいい!2曲目"The Message"なんか、ど最後に戻したテーマ部分でかなりカッコいいソリをしていて、音楽のデザインがものすごく良く出来た形になって、ただのソロ回しのバップに終わっていません。う~ん、カッコいい。この3管アンサンブルのカッコよさは、コルトレーンの『ブルー・トレーン』どころか、あのドルフィーのアレンジですら遥かに上回る鋭さだと思います。このアルバムには、ノーマン・シモンズの曲が3曲入ってるんですが、このかカッコいいアレンジを書いたのも、恐らく彼だったのでは?やっぱりプロの作曲家アレンジャーは腕が違うな。。

 そして、こういう音楽のデザイン全般に関する配慮は、アルバム全体に行きわたっていて、同じ曲想で押しまくるだけでなく、かなり独特の曲想の曲も挟み込んできます。"Lonely One"なんて、ドラムはタム回しだけでリズムを作り、その上にテナーサックスが鳴り響くという何とも独創的なデュオ。アフリカのジャングルを彷徨うような独特の曲想、これもカッコいいな。。

 それから面白いのは、レコーディングというかミキシング。リバーサイド・レーベルなのに(^^;)、それぞれの楽器にキッチリマイクが立ててあるみたいで、各楽器の録音がものすごくしっかりしている。で、それに対してすごく鋭い感じのリバーブがかけてあるんですが、これが何とも言えないカッコいい響きを生み出しています。あんまり自然じゃないんだけど、50年代のハードバップのレコードって、音に無頓着で「ただ録音しただけ」みたいなものが結構あるじゃないですか。もう、そういうのとは一線を画した見事なレコーディングだと思います。

 そして、このカッコいいサウンドのまま、一気に突っ走る!!この爽快っぷりは聴かないと分からないんじゃないかと(^^)。特に1曲目"Olive Reflection"のカッコよさは素晴らしすぎる。若い頃の僕は、ビ・バップやハード・バップはちょっと古くさい気がして、食わず嫌い的に敬遠していたんですが、こういうレコードと出会ったのをきっかけに、一気にのめり込む事になりました。今のジャズなんかより、よっぽど尖がっていてカッコいいんですよ。ハードバップ食わず嫌いな方に、ぜひともこの1枚をおススメします(^^)。いわんや「ジャズ好き」というのなら、この1枚を聴いていないとしたら嘘かと。



関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS