『Led Zeppelin / Ⅱ』

LedZeppelin2.jpg ディープ・パープルと並んでハードロックの代名詞となっているレッド・ツェッペリン。いつだったか大名曲「移民の歌」が入ってるサードアルバムの感想を書きましたが、僕が若い頃は、このセカンドアルバムが名盤として知られていました。サードばかり聴いていたもので、セカンドはものすごく久しぶり。いやあ、懐かしい…。

 とにかく思い出補正が強くって、このアルバムが実際にどれぐらい良い音楽であるかどうかは、僕には判断がつきません。もう、懐かしいというだけで好評価になっちゃうんです。でも、中学生の時、最初にこのアルバムを聴いたときにの評価は、実は「??」でした。なんか、「ハードロック」という言葉から想像していたものとはちょっと違ってたんですよね。今の感覚で言えば、ディストーションとかがかかっていて、ロック的なリフがカッコいいとはいえ、すごくブルース色の強い感じ。「ハートブレイカー」なんて、まさにそんな感じの曲です。曲はバンドブルースなんだけど、サウンドはロックで、曲中にはリフが織り込まれている…こうしたサウンドとリフを良いと思えるかどうかが、初期のツェッペリンを良いと思えるかどうかの境界にあるんじゃないかと。で、今の僕にとってはこれがいい感じになのです(^^)。
 このアルバムのカラーって、やっぱり1曲目の「Whole Lotta Love」なんじゃないかと。これが、冒頭のリフと、グニャグニャなエフェクトに紛れた後にいきなり始まるギターのソロプレイの2か所だけで出来ているような曲で、初体験時にはこれがつまらなかった。しかし今聴くと…いやあ、これも思い出補正なのか、実に素晴らしく感じる(^^)。そして、リフとツェッペリン重いプレイの白眉が、ドラムソロの大フューチャー曲「Moby Dick」。いやあ、これがカッコいい!!このリフのカッコよさはちょっと他ではない感じです!!
 それから、今聴いてちょっと感心したのが、「サンキュー」という曲。すごくブリティッシュ・トラッドっぽいんです。このカラーが、僕が大好きな3rdアルバムに引き継がれたのかなあ、と。「ランブル・オン」なんかは、ハード・ロックとブリティッシュ・トラッドの合いの子みたいな曲で、これもまたすごく面白い。若い頃は、そもそもブリティッシュ・トラッドというのを知らなかったし、またそれを良いとも思っていなかったので全然ノーマークだったんですが、今聴くとこれらの曲の完成度が高いというか、素晴らしく感じるから不思議です。

 いずれにしても、ハードロックといって、このアルバムを聴かないなんていう事はあり得ないというぐらいのマスターピース。久しぶりに聴いたら、思った以上に良いと感じるアルバムでした(^^)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド