fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Led Zeppelin』

LedZeppelin.jpg レッド・ツェッペリンのデビューアルバムです。バンド名といい、このアルバムジャケットといい、カッコ良すぎる!!しかし、これもやっぱり「ハードロック」という言葉から想起されるような音楽ではちょっとないんですが…しかしそれがいい!!オリジナリティというか、創造性にあふれているという感じ。つまんないただのロック曲もそれなりに入ってますが(^^;)、しかしそれを補って余りあるものがガッツリ詰まってます!

 このレコードもすごく久しぶりに聴いたんですが、久々に聴いた最初の印象は「ヴォーカルがスゲエわ」という事でした。ギター好きの僕とにとって、ツェッペリンって、どうしてもギターのジミー・ペイジに注目しちゃいがちなのですが、久々に聴いてすごかったのはヴォーカルのロバート・プラントでした。いやあ、これだけハイトーンで歌ったら声が細くなっちゃいそうなものですが、ものすごく野太い声!!で、ヴォーカルの表現力がすごい!!

 で、肝心の音楽ですが、とにかく素晴らしいと思ったのが、「DAZED AND CONFUSED」の楽曲構成。非常に静かな所から始まって、そこではギターは非常にトリッキーなプレイで、まるで効果音のような使い方。これが曲の途中でテンポを上げて一気に押すところでは全員ですごいテンションで演奏しまくる!!…みたいな感じで、しっかりと曲の構成が出来てます。いやあ、これはカッコいいぞ。。
 それから、アコースティック・ギターのインスト曲「BLACK MOUNTAIN SIDE」。コンガだかタブラだかの打楽器の伴奏だけで演奏されるんですが、それもあってすごくエキゾチックな感じで、素晴らしいとしか言いようがありません。ハードロックの代名詞のバンドですが、実はアコースティックが一番うまいというのが面白い。
 そして、アルバム最後の曲「HOW MANY MORE TIMES」、これが執拗に繰り返されるベースのリフの上で音がどんどん重なっていくという感じの曲で、もうAパートとギターソロパートしかないという曲構成がカッコ良すぎる。カッコいいリフをここまで執拗に繰り返されたら病み付きになってしまいますわ(^^)。

 つまらない曲も多いんですが、これだけ素晴らしいものが入っていたら十分おつりが来ますね。いやあ、若い頃に聴きまくったツェッペリンですが、今の方が高く評価しちゃうなあ。。これはいい。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2024 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS