心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

「中島みゆき / 愛が好きです」

NakajimaMiyuki_AigaSukidesu.jpg 整理をしていると、こんな本が出てきました。うおおお~、なつかしい!!!子供の頃に買った本です。小学校3年生ぐらいだったんじゃないかなあ。

 小学生の頃、「ザ・ベストテン」という、日本の流行歌のチャート番組が好きで、よく見ていました。たまに演歌もランクインするのですが、しかしほとんどはアイドル歌謡。そんな中、ニュー・ミュージックとかシンガー・ソングライターなんていう人が少しだけ混じって出てくるのですが、この人たちは自分で作詞作曲をして自分で歌っている。「おお、ホンモノだ!」なんて思っていました。で、番組では、「もうすぐベストテン」みたいなコーナーがあって、ベストテンに入らない、11から20位の曲が、そこでほんの数秒ずつ流れる。ここはニューミュージックの宝庫で、中島みゆきさんの「悪女」という曲も、ここに入っていた。これがすごく耳に残っていて、「全部聞きたいなあ」なんて思っていたのですが、結局は最後までベストテン入りしなかった。

 そんなわけで、僕は悪女をサビぐらいしか聴けなかったのですが…ある日兄貴がシングル盤を買ってきた!!で、僕はそのレコードを何度も何度も聴いて、「いい歌だなあ」と思ってました。そんなわけで、中島みゆきさんのLPも欲しいと思ったんですが、でもなにせ小学校3年生ぐらいですからね、小遣いが足りなすぎた。そして、ある日に本屋に行くと…おお!中島みゆきの本があるじゃないですか!!それがこの本というわけです中島みゆきさんの曲の歌詞(当時発表したもの全てだったんじゃないかなあ)と、エッセイ、けっこうたくさんの写真…こんなものが載っていました。LPレコードと違って文庫本は安いので、「これなら自分でも買えるかも…」と思ったのです。しかし…数十円お金が足りない(;_;)。僕の記憶では、月の小遣いは300円だったと思うので、本が320円とか、そんな感じだったのかなあ。

 まだ10歳にもなっておらず、常識というものを知らなかった僕がその時に何をやったかというと…レジで値切った(笑)。「この本、●●円で買えませんか?」って。その時レジにいたのは、女子大生ぐらいのバイトと思しきお姉さん二人。当たり前ですが、「それは出来ないよ」と断られてしまった。で、僕は悲しくなって、その場で涙が溢れてきてしまいました。お姉さんたちはクソガキの意味不明な反応に激しく動揺、何やら二人で相談し始めた。そして…足りない数十円を自分たちで出してくれて、その本を渡してくれたのです!!今となってはどうしようもありませんが、そういう事をした記憶のある女性の方がおられましたら、その時のクソガキは僕かも知れません。あの時はありがとうございました、本当に感謝していますm(_ _)m。で、会計の時に「いくつなの?」とか「そんな齢で中島みゆきが好きなの?」なんて言われたりしたのを覚えています。不思議だったんでしょうね。

 「悪女」しか知らなかった幼少時の僕が知らなかったとしても仕方のない事だと思うのですが、昔の中島みゆきさんの詩って、演歌っぽいというか、湿っぽいんですよね。失恋歌あたりが多い…そんなもの、小3男子に理解できる筈が無いw。。けっこうな思いをして手に入れた本である割に、意外と空振りだったわけです。しかし…この本では、1枚の白黒写真に感銘を受けました。ライブ前のリハーサル風景を撮影したものだと思うんですが、うしろにミュージシャンがボンヤリ写っていて、セッティングのまだ済んでいないアンプなんかがゴチャゴチャにおいてある。で、中島みゆきさんはフォークギターを持っていて、その前にヴォーカル用のマイクがぽつんと立っている…なんか、「ミュージシャンって、かっこいい!!」と感じたのです。こういうのも、のちにミュージシャンを志すきっかけのひとつになったのかも知れませんね、無意識のうちに。

 というわけで、思い出の一冊でした。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS