『Manuel Gottsching, Ash Ra Tempel / The Private Tapes vol.6』

manuelGottschingPrivate6.jpg アシュ・ラ・テンペルでのクラウス・シュルツのドラムのプレイを聴く事が出来るものをずっと気にかけていた僕が、中古盤屋でみつけたのがこのCD。アシュラというより、その中心人物であったギター/シンセサイザーのマニュエル・ゲッチングさんの未発表作品集なんだと思います。全部で第何集まででているのか分かりませんが、僕が聴いた事があるのはアシュラ・テンペルでシュルツさんがドラムを叩いているパフォーマンスの入っている2,3,6のみ、完全に狙い撃ちです( ̄ー ̄)。
 で、この第6集は、1978~9年のアシュラが3曲、そして例のシュルツ在籍時の1971年Ash Ra Tempel のパフォーマンスが1曲という構成で、アシュラ好きとしてはこの第6集が一番のねらい目かと。で、ですね、Ash Ra Tempelは1曲だけなのか…と思いきや、それが54分を超えるパフォーマンス!!もう、この1曲だけでアルバムになっていても全然不思議じゃない。で、曲のモチーフと構造はですね…あのファーストの1曲目と同じです。しかも、もしかしたらこちらの方がパフォーマンスの出来はいいんじゃないかというほどの素晴らしさ、ヤバさと白熱度が桁違いの、ものすごいパフォーマンスです!!トランス状態かというぐらいの爆音インプロヴィゼーションになってからは音が潰れまくっているのですが、むしろそれがカッコいい(^^)。レコードだと54分のパフォーマンスをノンストップで収録する事は不可能ですからね、これはCD時代になったからこそ実現した発掘リリースと言えるかも。
 他には、オルガン(消え去る事のない和音がドローン)のような使い方をされているシンセの上をギターが漂う、アシュラ時代の78年のパフォーマンス(これも11分と決して短くはない)がかなり良かったです。2~3曲目は一変してショボショボで、楽器歴1年みたいな人がペンタトニックだけでジャムしました、みたいなグダグダな音楽(^^;)、これはつまらなかったですが、まあほかの2曲で65分を超える素晴らしい音楽を聴かせてくれたのだから、充分元は取れたという感じ(^^)。基本的に、ゲッチングさんという人は、楽器はうまくないし、素晴らしいコンポジションが出来るような音楽理論や作曲技法などを身につけている人でもないと思います。では、それでもなぜこんなに素晴らしい音楽を幾つも作る事が出来るのかというと…

 おそらく、サウンドの強さに対する意識の高さと、楽曲の構成力、このふたつが突出しているんじゃないかと。テンペルのパフォーマンスで使われているコードはふたつ、スケールもほとんどひとつと言って問題ない。しかし、そのつながりと響きが独特のニュアンスを持っているので、既知観に襲われることが全くなく、こと音を聴いて感じる感覚面だけで一手も飽きないのです。同じ事はアシュラにも言えて、「オルガンのような」といったシンセでは、ほんの少しだけプリセットから音に工夫が加えられていて、単なる4和音を鳴らされても、それが常に変化していて、且つ「美しく物悲しい」という短調の海を漂わせるものだから、もうそれだけで10分近く通されても飽きない。同じようなオルガン系のシンセを使っても、よくポピュラーの後ろでなっているアレなんかは、2小節続いただけで飽きてしまうので、サウンドに対する配慮の違いがこの差を生み出しているとしか思えません。
 そして、楽曲の構成力。ジャズにせよポピュラーにせよロックにせよ、およそこの100年ぐらいの英米ポピュラー系統の音楽は、12小節とか32小節とかで一周し、こういったコーラスを何周もさせる事で成立させる構造を持っています。で、これが単純にならないよう、1周目はうた、2周目は少し盛り上げ、楽器の演奏だけの場所を作り…みたいにして変化を与えて飽きないようにするのですが、やっぱりどこまで行ってもコーラスのリフレインである部分は変わりません。しかしアシュラは、直線的に音楽がドラマチックに進んでいきます。インドの芸術音楽とか、西洋のクラシックとか、高度に成長した音楽と同じ構成感覚なんですよね。これが素晴らしい。ジャーマン・プログレのドロドロのヤバさを持ったバンドは他にもあるし、またこうした「脱コーラス形式」的なバンドも他にも(多くは無いけど)ありますが、この両方を成立させているとなると、やっぱりジャーマン・プログレの中でも際立った存在であるように思います。アシュ・ラのファーストに感激し、しかしシュルツ-ゲッチングのテンペルのパフォーマンスが他にないとお嘆きの方に、ぜひとも推薦したい一枚です!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド