『GURU GRU / UFO』

GuruGuru_UFO.jpg 同じく、ドロドロのサイケデリック/ドラッグ感覚あふれるジャーマン・プログレッシブ・ロックの名盤を。グルグルのファーストアルバムです!ドロッドロのヤバい感じでいえば、アシュラ以上かも知れない奇跡の1枚です!

 ワウがグニャグニャしまくり、アンプでブーストしまくり、そしてテンポもスケールも外しまくってうねるグッチャグチャのギターがカッコ良すぎます!しかし、音楽そのものはどう聴いてもただのジャム・セッション。それなのに何でこんなにカッコ良く出来るのか。例えば、ブルースロックやジャズのジャムと何が違うのかというと…恐らく、キーは決めているかもしれませんが、構成どころか、コード進行すら決めていないんじゃないかと。その中で暴れまくるものだから、かなりフリーキー。ベーシックなリズムやノートはドラムやベースが既にキープしているので、ギターはアウトすればするだけカッコよくなる…という仕組みではないかと(^^)。
 しかしジャムだけでは、音楽はどこにも行きつく事なく、いずれは飽きてしまうハズ。アシュラの場合はそれを大まかな劇的進行の枠組みを作る事で見事にデザインしていましたが、グルグルの場合は…編集で処理してしまいます(^^;)。やっぱり、「ただやっているだけ」でカッコよくなるなんていう事は絶対に起きない、という訳ですね(^^)。もうこれはレコード音楽という感じ。グニャグニャでヤバさ満点のジャムセッションがカオスに達した瞬間、いきなり編集でオンビートのリズムにカットインする瞬間…うおお、これはカッコいいです!!ハードサイケ、ジャーマン・プログレ、どちらのラインから言っても文句なしの大名盤かと!!

 しかし…GURU GURU で面白いのは、僕にとってはこのファーストだけでした(^^;)。セカンド以降は、凶暴さが薄れて「変な音楽」をやっているだけの変わったバンドというだけにしか思えませんでした。ロックって、ファーストアルバムしか良いものを作れないバンドが結構ありますが、それはアイデア一発の場合、作曲や演奏の方法論や技術を持っていないものだから、いいものを作り続ける事が出来なくなっちゃうんでしょうね。でもグルグルの場合、1枚でもこれだけのものを作れたのだから、それだけでもう十分なのかも。凶暴なサイケデリックをお探しの方に、大推薦です!!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド