心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Bill Evans Trio / CONSECRATION -the last-』

BillEvans_Consecration.jpg 抒情的なジャズ・ピアノの切り札であるビル・エヴァンスの、最後の演奏、という2枚組CDです。ティファニー、マイ・フーリッシュ・ハート、マイ・ロマンス…演奏のセットリストには、ビル・エヴァンスが好きな人なら皆知っているんじゃないかというぐらいに、彼の18番のレパートリーがずらっと並んでます。

 ビル・エヴァンスが大好きで、奏法の研究をした事もあるのですが、そんなビル・エヴァンス好きの僕としては、このCDは「ビル・エヴァンスらしからぬ演奏」という感じがします。このCDの解説には、「(病気がひどくて)テクニックの80パーセントはもうどこかに行ってしまったが、プロ意識でどうにかつないでいる」とか書いてあるのですが、実際には正反対というか、ここまでテクニック志向のビル・エヴァンスの演奏は珍しいんじゃないかというぐらいに弾きまくっています。ビル・エヴァンスさんは、かなり曲を大切にする人で、アドリブパートに入っても、綺麗なメロディラインや和声進行を作っていく人で、すごく音を選ぶ。テクニック披露型で弾けるだけ音を詰め込むというタイプのジャズマンではないのです。ある意味、ジャズっぽくないというか…。それが、この演奏と来たら、ほとんど弾きまくりといっていいぐらいの状態。あのリリカルでセンチメンタルなビル・エヴァンスの音楽に浸りたいという場合、これがいい事かどうかは分かりませんが、ピアノのジャズ・アドリブ演奏を勉強したい時に、これぐらい参考になるCDも中々ないのではないかと思います。あ、そうそう、とはいえ、マイナー調の曲は1曲も入っておらず、全部メジャー調なので、教科書として買う人はそこに気をつけた方がいいかも。

 そして、僕はこのCDを買った時に、ひとつの苦い思い出が。CD発売時の触れ込みとしては、「ビル・エヴァンス最後の録音」みたいな感じでしたが、この表現がちょっとクセモノだったのです。サンフランシスコのキートン・コーナーというクラブでの演奏らしいんですが、その日付けが「1980年8/31~9/7」となっているのです。8daysだったのかな?で、ビル・エヴァンスはこのクラブへの出演の最中に入院となり、そしてそのまま他界(´;ω;`)。で、この「キートン・コーナーでのラスト演奏」というCD1枚物が出てたんですよね。で、僕はそれをレンタルCDで借りて聴いていて、その中の何かの曲(マイ・フーリッシュ・ハートだったかな?覚えてないや…)にえらく感銘を受けたのです。それが素晴らしい演奏だった、という感触だけは覚えていた。で、ある日中古盤屋でこの2枚組を見つけ、「おお!1枚ものじゃなくって2枚組のがあるのか!じゃ、これがフルステージ収録の完全版なんだな」と思い、買ってきたら…どう考えても違う演奏(>_<)。…う~ん、この8日間のパフォーマンスからの抜粋盤で、同じ曲でも違う日のものだったんでしょうね。結局、あの素晴らしい演奏は記憶の中にしか残っていないのですが…おおお~、アマゾンを見てみたら、フル収録の8枚組というのが出ているのか?!いやあ、買いたいけど、その1曲の為に8枚組購入は、今の僕の経済状況では無理…。でも、あの名演、もう一度聴いてみたいなあ。。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS