fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『マーラー:交響曲第4番 カラヤン指揮、ベルリン・フィル』

Mahler_Symphony4_Karajan BerlinPhil 1979年録音、カラヤン&ベルリン・フィルによるマーラーの交響曲第4番です。マーラーのシンフォニーの中で演奏時間が一番短いので(それでも1時間弱ある)、「マーラーの交響曲はジジイの説教なみに長いくて聴いてられないぜ」という方には、入りやすいシンフォニーかも。

 このシンフォニーも2~3番と同じように「子供の不思議な角笛」からの詞が引用されていて、「角笛三部作」のひとつに数えられていますが、毛色が違いました。2番3番が長大で色々と斬新(音響の語彙ではなく、従来のシンフォニーの伝統を外れているとか)だったのに比べ、4番は交響曲の伝統である従来の4楽章構成という事もあって、けっこうオーソドックスに感じました。
 古典派からロマン派の交響曲って、普通は4楽章で、1楽章はソナタ、2~3楽章にスケルツォかメヌエットと緩徐楽章あたりを置いて、最終楽章で1楽章と同じ主調に戻ってドッカーン、みたいなのが典型。ロマン派も後期に入った頃の作曲家であるマーラーは、こういう構成をかなりぶっ壊しているんですが、この第4番はマーラーのシンフォニーの中ではオーソドックスな方だと思いました。

 音楽は、1~2楽章はファンタジックで明るく楽しげ(とはいっても2楽章はマイナーですが)、3~4楽章はゆったりと美しく、4楽章すべて通して落ち着いた音楽に感じました。牧歌的と言ってもいいぐらいですが、どこか現実味がないというか、夢の中をただよっているような。個人的には、美しい後半楽章が好き。特に3楽章の前半が美しくて好きでした。

 月並みな言い方になっちゃうけど、ベートーヴェンでいう所の田園交響曲、ブラームスでいう所の交響曲第2番、みたいな位置の交響曲に感じました。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2024 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS