『TWIN PEAKS -sound tracks-』

TwinPeaks_BGM.jpg 近所のブックオフで、こんなものを見つけてしまいました!!昔大ヒットしたアメリカ映画/TVドラマ「ツイン・ピークス」のサウンドトラックです。いやあ、これは懐かしい!!夢中になって観たなあ…。で、思わず買ってきて聴いているんですが…すごいと思うのは、どの曲も全部口ずさめる事!そのぐらい何十回と聴いていたんでしょうね。。

 このドラマのサントラ、半分は映画/テレビ用のいわゆる「劇伴」です。まあ、これ自体が懐かしくってむせび泣き状態なんですが(^^)。しかし、このサントラの特徴は、残りのもう半分にあります。50’sなんて呼ばれるアメリカン・オールディーズにものすごい固執しているように聴こえるのです。それも、50’sを病的に読み替えたうえでそれを取り扱っているように聴こえる。これはキモ美しいのです(^^)。
 ツイン・ピークスというドラマの監督は、デヴィッド・リンチ。この人、僕の印象ではアメリカの50’sが大好きなんじゃないかという気がします。ツイン・ピークスの前に撮影した映画「ブルー・ベルベット」なんて、50’sのポップスが劇中で何度も流れるばかりか、映画のタイトルまで50’sですからね。ツイン・ピークスもその流れをくんでいると言えそう。ヴォーカルはものすごく深入りヴァーブがかけられて、ギターもビヨンビヨンのスプリング・エコーが掛かっていて、シンプルなAABA形式みたいな短いコーラスの歌音楽が流れます。歌い手はベルベットのカーテンのかかったステージの上で、「何か日常ではない普通ではない世界」から歌っているかのよう。この、劇中では昼間とは全く町の様子が変わってしまう、アメリカの田舎町の怪しげなバー…要するに、「日常世界とは違う所にあるところもの」として、この音楽は機能している。違う世界から来る声、みたいに聞こえちゃう…というのは、私だけでしょうか(笑)。いやあ、50’sをこういう風に読み替えてしまうというのは、さすがは映画監督というべきか、意味の成立のさせ方がうまい!!ツイン・ピークス、久々に見てみようかなあ。。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド