『Miles Davis / Kind of Blue』

MilesDavis_KindofBlue.jpg なんか、ロックのCDの紹介ばかりが続いてしまったので、この辺りでジャズを。さんざんロックの事を語っておきながら、実はジャズの方が好きなのです(^ ^)。しかも、フリージャズ。しかし、クラシックやジャズの世界は、最初が大変でした。ものすごく興味があったくせに、いったい何から聞けばいいのか分からなかったのです。それで利用したのが、たまたま音楽雑誌の特集にあった「ジャズ最初の30枚」みたいな記事でした。その中から良さそうなものを3~4枚選んで買ったなかの1枚が、これです。

 音楽以前の話になるのですが、まず音の良さ、美しさにビックリ。「うわあ…」と、魅せられてしまいました。「ボ~~ン」と柔らかく響くウッドベースの音がこんなに良いなんて、ドラムのシンバルの音が「シャ~~~~ン」って感じでものすごくきれいで、サックスは…。それで、録音年代を見て改めてビックリ。1959年って、ビートルズのデビューより前じゃないですか。。翌日、同級生の私の音楽のお師匠さんにその話をすると「エレキの音を録音するというのがハンデだったのかもね」なんて話してくれました。なるほど~。

 そして、音楽です。音楽自体は、最初はそれほど良いとは感じなかったです、1曲を除いて。その1曲というのが「Blue in Green」という曲。言葉で形容するのは不可能な感触、しかしあえてそれを表現すれば、あまりに美しかったのです。のちに音大に入ってから、この曲は随分と分析したんですが、分析の進むたびに感嘆は深まるばかり。どう考えてもピアニストのビル・エヴァンスがアレンジしたとしか思えないのですが、すごいのはエヴァンスだけでなく、リーダーのマイルス・デイヴィスのアプローチも、サックスのジョン・コルトレーンのアプローチも見事という他はありません。スケールをパラパラ吹いているだけなんて、そんな安易なものではないのです。

 聴いていきなりショックを受けるような音楽ではない気がします。しかし、ジワジワ来ます。そしてそのジワジワは、私の場合、音楽というものを知れば知るほど深くなっていきました。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド