心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Ron Carter & Jim Hall / Live at Village West』

JimHall_LiveVillageWest.jpg これは、ひとつ前の記事で書いた、ジム・ホールとロンカーターのデュオアルバムのの姉妹盤。1枚目の『Alone Together』はあれほど有名なのに、こちらはなぜかあまり語られないのが不思議。しかし…個人的には、こっちの方がおススメなのです!

 まず、1曲目の"Bag's Groove"のパフォーマンスが素晴らしすぎます。ドラムレスで、最低限の音だけを選んで、温かいサウンドのジャズギターとウッドベースが会話するように演奏していくのですが…いやあ、これはため息が出ちゃうようなワーミーな演奏。"Bag's Groove"という曲は、いかにもバップ曲という感じの曲で、特別に好きな曲でもなかったんですが、同じフレーズを和声を変え、調を変えながら重ねていくという質感を前面に押し出されるとすごく気持ちいい!!色彩豊かでほっとしてしまう感じです。これ、ジャズギター特有の展開形を使った和声の重ね方をするから、余計に気持ち良いんでしょうね、きっと。
 サウンドは癒し系ですが、プレイはかなり音楽的で、音の印象だけの音楽という事は全くなくって、音楽の動向から注意が離れる事がありません。普通のジャズのスタイルで、テーマを演奏したらすぐにアドリブパートに移るんですが、うまく組み立てるんですよね。全部同じ構造なのに、なんでここまで飽きずに聴かせられんだろうか、すごすぎる。。
 このあたり、ジム・ホールさんのアーティストとしての器量が存分に出ているんじゃないかと。また、ロン・カーターさんも実に歌心があって、ジムさんについていくばかりでなく、自分の方から新しいメロディを仕掛けて行ったりします。ウッドベースって、バンドという構造の中だとどうしてもある役割を負わされてしまう事が多いと思うんですが、デュオだとここまで出来るようになるんですね。いやあ、素晴らしい!!
 選曲も見事です。アップもミディアムもスローも実にバランス良く配分されているんですが、"Embraceable You "なんて絶品で、「ああ、スタンダードの中では通好みの曲だけど、やっぱりいい曲はいい曲なんだな」と、あらためてほれぼれしてしまいました。

 冒頭に書いたように、同じプレイヤーで同じコンセプトのアルバム『Alone Together』が大絶賛されているのに、それに優るとも劣らないこのアルバムが黙殺状態というのが信じられません。個人的には、こっちの方が数段好きだというのに…。でもおかげで、僕はこのレコードをすごく安く手に入れたんですよね、25年ぐらい前に。しかし、今アマゾンを見ると…2万円?!!いや、それは高過ぎだろう…昔買っておいてよかったわ。。



関連記事
スポンサーサイト

Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS