『Jim Hall / live!』

jIMhALLlIVE.jpg 前の記事に書いたジャズ・ギターのジム・ホールさんとウッドベースのロン・カーターさんのデュオが「リラックス系」だったのに対して、このアルバムでのジムさんはかなり攻めっ気があって、ギター弾きまくり感の強いアルバムです。ジャズの華麗なアドリブを楽しみたいというのなら、ほとんど超絶といっていいほどのジャズギターの妙技を聴く事が出来るこのアルバムは超おススメです!!

 超絶とはいっても…僕的には、単旋律をいくら早く演奏しても何とも思わないというか、それなら何の楽器であれ、楽器をはじめて数か月もすればすぐに演奏できるようになると思うんですよ。そうじゃなくって、旋律と和音を同時に演奏出来るか…僕的には、ちゃんとしたギターを演奏できているかどうかは、まずはここが重要なのです。フュージョン系のギタリストがいくら弾きまくっても、単旋律だったらロックはじめたてのギター少年だって出来るだろ…と思ってしまうわけです( ̄ー ̄)。で、ジャズでこれをやるというのは、更にアドリブも入ってくるわけで、けっこう大変なのか出来る人の人口は一気に減ってしまうのですが…いやあ、ものの見事に演奏しきっちゃってます。これ、マジでライブなのか…完璧すぎます。。

 このアルバム、ピアノレスのギタートリオです。というわけで、ロン・カーターさんのデュオの時と違ってドラムが入っているのですが、これが演奏を白熱させた原因かもしれません。ソロアドリブがかなりアツい。熱いといっても、子供っぽい「単旋律でバリバリ」じゃなくって、「曲の構成や音楽の流れを考えながら、和声やメロディの組み立てを睨みながら…」という、非常に高度なソロアドリブ。"'Round Midnight"の組み立てなんて、もう作曲してあるんじゃないかというぐらいの素晴らしさで、もうこれは達人の域といっていいんじゃないかと。あ、そうそう、ジム・ホールさんを語る時に「凄いインプロヴィゼーション」なんて言われることがありますが、今言ったような理由でもって、こういうのはソロ・アドリブであってインプロヴィゼーションと呼ぶのは抵抗があったりするんですが…まあ、そんな事はどうでもいいですね。

 これだけのスーパープレイにも拘らず、「曲を活かしたソロアドリブ」というジム・ホールさんの音楽スタイルが、「ソロパートに入ったらスケールバリバリのソロ」という当時のジャズの本流からそれてしまったのか、意外にもリーダー作が少ないです。ギタートリオともなればさらに少なくなるので、これはジャズギターファンならマストの1枚じゃないかと。メンバーも曲も分からず、デザインも最悪というジャケットさえ何とかしていたら、もっと高く評価されていたかも(^^;)。。通好みの、しかし本気で聴けば聴くほど「これはすごい…」と唸らされてしまう素晴らしい作品と思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おひさしぶりです

ジム・ホールですか・・・
一度聴いてみようと思います。

子どもの頃は速弾きで驚いてましたが、
上手い、というのはそれだけではないのだ、というのはだんだんと分かってきました。

>単旋律だったらロックはじめたてのギター少年だって出来るだろ…

いやいや、そうでもないですよ・・・(汗)

Re: おひさしぶりです

 みやくに様、書き込み有難うございます!

 私の方も、みやくに様のページでハンブル・パイやグランド・ファンクの話しが出ていましたので、連絡差し上げようかと思っていたところでした!!

 ジム・ホールは、個人的には大好きです!!僕はギターはお遊び程度にしか演奏できないのですが、ジャズギターをきっかけに、クラシックの現代作品やフラメンコなどなど、凄すぎるギターの世界がその先に待っている事を知り、悦楽に浸っております。日本人が作った、西洋と日本をミックスしたようなギターとか、アヴァンギャルド方面にもスゴイのがあるんですよね。

 ああ、ハナシが長くなってしまいました(^^;)。寒くなってきましたので、どうぞご自愛ください。

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド