『HUMBLE PIE / SMOKIN'』

HumblePie_Smokin.jpg そんでもって、ハンブル・パイのロック色がバリバリ前面に押し出たアルバム"Smokin'"です!!ジャケットはそこはかとなくダサいですが、これをハンブル・パイ最高傑作とする人も多いのではないかというぐらいにカッコいい!!

 このアルバムの時点で、バンドの2枚看板のひとりであるギタリスト・ピーター・フランプトンは既にバンドを去っていたそうです。しかし変わって入ったギタリストがこれまたカッコいい!!僕は、このアルバムの印象って「ロック」「ロックンロール」なんですが、それって"Hot 'n' Nasty"とか"30days in the Hole"とか"C'Mon Everybody"あたりのナンバーの印象が強いのかも。で、いずれもギターとオルガンのコンビネーションが素晴らしい。そしてど真ん中にロック最高のヴォーカリスト(私個人の見解です^^)であるスティーヴ・マリオットのあの凄いヴォーカル!いやあ、これでカッコよくならない筈が無いですね…。

 いずれも普通のロックナンバーなんですが、なんでこんなにカッコよくなるのか。きっと演奏のあり方に、その理由があるんじゃないかと。このアルバムはスタジオ録音だと思うんですが、どの曲もスタジオ・セッションという感じ。1曲目"Hot 'n' Nasty"なんて、セッション途中からいきなり曲に入って行ったような始まり方。"30 Days in the Hole"も、ハーモニーの練習をしながら、そのまま曲に入って行ったような感じです。こういう風にちゃんとバンドとしての合わせをしながら、楽譜には書けないような阿吽の呼吸をバンド全体が掴んでいったからこそ、こういうカッコ良さが出たんじゃないかと。
 なんでこういう事を書くかというと…若い頃、仕事でポピュラー音楽のレコーディングの仕事をさせていただいた事がありました。その時にビックリしたのは、スタジオに入っていきなり楽譜を渡され、ヘッドフォンからはクリック音が聞こえてきて、僕が演奏するピアノの前に、コンピュータの打ち込みでサンプルのピアノ演奏が入っていて、それを生の演奏に差し替えていくという作業だったんです。「え?バンドやオケ全体で音楽を作っていかなくていいの?」とか、色々と思う事があったんですが、仕事は流れ作業のようにどんどん進んでいきます。ピアノのソロパートもオープンで用意してあったんですが、歌とか主メロの把握も良く出来ないまま、2~3テイクほど演奏しただけでオッケーが出てオシマイ。こういった体験はこの時のレコーディングだけでなくって、ある有名なロックバンドのサポートレコーディングでも同じような事が起きました。またクリックに合わせて演奏か、信じられない。。いやあ、こんな作り方ではロックならではのあのグルーブなんて出るはずもないわ、80年代以降のロックのレコードがつまらないのは、こんな工業生産的なプロダクションをしているのも理由のひとつなんじゃないかと思ったのでした。で、その時のレコーディングエンジニアさん曰く、「今ではジャズでもクリックを使うのが当たり前ですよ」との事。ま、マジか…。90年代以降のメジャーレコード会社制作の日本ジャズがクソつまらないのはその為か。。しかしハンブル・パイのこのアルバム全体に感じる事の出来る「これぞロック!!」という感じは、バンド全体が生々しく動いているからだと思うんですよね。ロックはノリですよ!!

 ちょっと話が脱線してしまいましたが、フランプトンさんが去る事でポピュラー音楽の上質な部分は失われてしまったけど、逆にロック的なカッコよさが思いっきり前面に出る事になったアルバム、僕にとってはそんな印象のアルバムです!「めんどくさい事はいいんだよ、ロックは気持ち良ければそれでいい!」という方には、絶対におススメのアルバムです!!

 というわけで、今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

Jim Hall、昨日蔦屋さんに行って見たら、Conciertoしかなくて、とりあえず借りてみました。
じっくり聴いてみようと思います。できれば、このブログで紹介されているアルバムもなんとか見つけて聴いてみたいです。

良い情報ありがとうございます。

HUMBLE PIEについても、本当にお詳しいのですね!
やはり専門になされた方は分析の深さが違います・・・
Humble Pieは大学生の頃、ベストとアルバムとその他1、2枚借りて聴いただけで、細かいことは今あまり覚えていません・・・
ただ、C'mon Everybodyのストレートなギターの演奏と、スティーヴ・マリオットのボーカルは、やっぱりかっこいい!ライブで演奏できるのなら一度やってみたい・・・と憧れます。

アルバム「Humble Pie」、Bach Bachさんの解説を頭に入れながら、もう一度聴いてみようと思います。新しい発見がありそうです。


それにしても、日本のレコーディングの実情にびっくりです。


(いつかBach Bachさんの演奏を聴ける日が来るといいなぁ・・・と思います。)

Re: 明けましておめでとうございます

みやくに様
書き込み有難うございます!

"Conciierto"は、日本のジャズ評論界では大絶賛、クラシックギター界では酷評の雨あられですね(^^)。音楽なので、聴く人それぞれが自分の感性で楽しめればそれで十分かと思うのですが、あれぐらいに評価の分かれる作品も珍しいかと思います。

 ハンブル・パイは、みやくに様のtwitterに触発されて、久々に聴き直してしまいました。燃えました(^^)!!

 日本のレコード産業は、僕が触れた範囲では、プロダクションの過程が「機械製工業製品」を作っているみたいな感じを強く受けました。これはテレビ番組の制作に少し触れた時にも感じた事で、音楽や番組の内容などよりも、「〇〇を出演させても視聴率取れないからなあ」とかいう会話をディレクターが話しているのを聞いて、げんなりした事があります(^^;)。。

 長くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします!
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド