心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『SMALL FACES / Ogdens´ Nut Gone Flake』

SmallFaces_Ogdens.jpg 超絶ヴォーカリストであるスティーヴ・マリオットがハンブル・パイの前に在籍していたバンド「スモール・フェイセズ」のアルバムです。68年発表。若い頃の僕がこのアルバムに手を出したのは、ハンブル・パイにぶっ飛んだ経験があったので、その前身バンドの音楽を聴いてみたかったから。で、スモール・フェイセズの代表作はこれだと雑誌で読んだからです。そんな中、このレコードが丸い缶に入っている特殊ジャケットでCD化されました。紙巻きたばこの葉っぱの缶をモチーフにしていたんでしょうね。しかし…製作者側の熱意に反し、CDやLPをキチンと棚に収めたい僕はこれに当惑、結局買わずにレンタルCDで借りてきて、カセットにダビングして済ませてしまいました(^^;)。。このカセットを出して聴くのはその時以来なので…27~8年ぶりぐらい?いやあ、懐かしいです。。

 ジャケットデザインにあらわれているように、アルバムの内容もかなり凝ってます。コンセプト・アルバムというのか、ラジオのDJみたいな人が色々とアナウンスしながらその合間に音楽が挟まったり、木管のアンサンブルが被さったり、1曲目がいきなりインスト・ナンバーだったり。60年代半ばから後半のイギリスのロック・バンドというと、有名なのはビートルズやローリング・ストーンズ。彼らの大ヒットから、その後にロック系のビートバンドが大量にデビューしては消えていく状態。音楽性やサウンドの傾向もけっこう似ている。日本でいえば、古くはチェッカーズとか、最近ではジャニーズでも自分で演奏するグループとかいますよね。ああいうイメージに割と近い状態だったんじゃないかと思うのですが(日本が強く幼児性を感じるのに対し、当時のイギリスの方は不良性が強い感じかな?)、そういうグループが1曲目にインストを持ってきて、アルバム全体が物語のようになっていて、全部オリジナルで…というのは、相当に頑張ったんじゃないかと。そういえば、ビートルズやストーンズも、同時期にコンセプトアルバムを作ってました。ラジオ用のヒットチャートではなく、LP単位で作品を作りたいという流行だったのかも知れません。

 で、個人の感想としては…音楽そのものは、すごく茫洋としてしまっていて、楽しめませんでした。カセットにダビングしたままにして放ったらかしにしてあったのも、きっと音楽がつまらなかったんでしょうね。音もまだ「初期ビートルズ」的なスッカスカのサウンドで、ベースはローが抜けてサステインもなくポコポコいっちゃってるし、ギターの音もも全然魅力がない。コンセプト性が強い事が裏目に出て、マリオットの超絶ヴォーカルもあんまり出てきません。ただ…もし英語が出来る人が聴いたら、面白いのかも。何となくですが、ストーリーを中心に作ってある気がするんです。僕は英語が苦手なので、物語の半分も分からないんですが、英語が理解できる人が聴いたら、もしかしてすごく面白いアルバムなのかも知れません。ああ、やっぱり英会話の勉強を再開しよう、そうしよう。。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS