『PATTY WATERS / College Tour』

PattyWaters_CollegeTour.jpg どちらかというと、こちらの方が往年のフリージャズファンのパティ・ウォーターズのイメージに近いアルバムかも。1966年のライブパフォーマンスを収録したアルバムです。フリー系とはいっても、絶叫して恐怖のヴォーカリーズを叩きこんでくるというんじゃなくって、どちらかというと囁くように"ahhh…"と声を出しながら、徐々に音楽に入って行く感じ。フリージャズというよりも、ヨーロッパのフリーインプロヴィゼーションに近いイメージでしょうか。そして、このトランスに入って行く過程の音楽が素晴らしい!

 このCDを買った頃の僕というのは、フリー系のヴォイスというのがどうも好きになれませんでした。じゃあなぜこのCDに手を出したかというと、参加ミュージシャンのメンツに魅かれたからでした。一番目を惹いたのが、フルートでクレジットされていたジュゼッピ・ローガン。この人については前に記事を書いた事がありますが、ものすごくデーモニッシュな呪術的なフリージャズ系の管楽器奏者で、しかし発表作が少なくあっという間にシーンから消え去り、ジャケットには写真も写っていないので、僕は大好きな人なのに顔すら知らないという(^^;)。そんな謎めいた人が参加しているレコードだったというだけで、買う動機としては十分だったのです。で、これが素晴らしい。共演者を無視して勝手に吹きまくっちゃうという事は絶対に無くって、すごく音楽全体のムードを感じながらおどろおどろしく音を出してくる。いやあ、これはハマります。また、他の共演者も素晴らしくって、バートン・グリーン、デイヴ・バレルなどなど。いやあ、フリージャズ好きな人だったら、このメンバーを見ただけで聴きたくなっちゃう気持ちも分かってもらえると思います。で、彼らが揃って「自分勝手にやかましくメチャクチャに演奏しちゃうフリー系のダメなパターンの演奏家」からはほど遠い所にいて、主人公であるパティ・ウォーターズさんのトランス具合に交感していくというか、彼女が表現しているものを大事にしながら、それを具体的な音にかえて行っているという感じです。時には悲鳴のような絶叫シーンにも達するんですが、基本的には静かに、どんどん自分の中に入って行く静かな感じ。その中に、ピアノやウッドベースやフルートの音が(時には普段音楽に使わないような特殊な音を用いて)ポーンと放り込まれた時の独特の質感がたまりません。で、魂が夜中の森をさまよっているようなフワフワした世界がずっと続いていたところで、5曲目でいきなり美しい美しいジャジーな音楽に繋がった瞬間の美しさ…これはちょっと形容しがたいものがありました。

 どう聴いても完全なインプロヴィゼーションだと思いますが、ヨーロッパのフリー・インプロヴィゼーションと違って、かなり情念的な所を大事にした、相当に深い音楽と思います。あ、そうそう、BGMとか癒しとか、そういうレベルで聴くのは難しい音楽と思います。好きとか嫌いで語るのすら間違っていると感じるというか、「観賞用のものとしての音楽」というのとは、基本的にあり方が違うんじゃないかと。これも大好きなレコードです。いわゆる「ポップス」「ジャズ」「ロック」なんていうものだけが音楽だと思っていた了見の狭い昔の僕の既成概念を吹き飛ばしてくれた1枚でした。こういう音楽って、楽器よりも歌にこそふさわしいという気も。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。昨日ブログにたどり着いて過去の記事も楽しく読ませてもらったものです。ジュゼッピ・ローガンはyoutubeにここ最近の勇姿がユーザーによっていくつかアップされてるのでよかったらチェックしてみて下さい。色々と参考になる記事ばかりで、ありがとうございます。

Re: タイトルなし

 ポッポ様、こんにちは、書き込みありがとうございます。

 ジュゼッピ・ローガンは今でも現役なんですか?!ビックリです。貴重な情報、ありがとうございます。伝説のプレイヤーのお顔を、私は初めて拝見出来るかもしれませんね(^^)。早速見てみます。

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド