心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ヒグチケイコ・神田晋一郎 / 種子の破片』

KandaHiguchi_ShusinoHahen.jpg パティ・ウォーターズと東アジアのトランス系ヴォーカル・ミュージックに触れた以上、どうしても触れておきたい作品が。ヒグチケイコさんというヴォーカリストです。この作品は神田晋一郎さんというピアニストとの共演で、ジャズや三文オペラや日本の現代曲、そしてフリー・ヴォーカルなアプローチと、色んな要素が入り組んでいるのですが、テクニックがものすごいのは勿論なんですが、この融合のさせ方のセンスが素晴らしすぎる!!なんといえばいいのか…前の記事の韓国のシッキムクッが儀礼音楽であるとすると、同じものを歌音楽上で見事に成立させた感じ。いやあ、はじめてこのCDを聴いた時の衝撃といったらありませんでした。

 このCDに辿り着いたのは、実はピアノの神田晋一郎さんという人に食いついたのが先。いつぞや書いたEXIAS-Jという日本のアヴァンギャルド系のグループで素晴らしい演奏をしていまして、この人のソロ作ってないのかな…と思ってこのCDに辿りついたわけです。で、曲目を見ると、ジャズはもとより、武満徹、クルト・ワイル、そしてオリジナル…聴くより先に、「あ、これは本物だな」、と思ったわけです(^^;)。そしてそのピアノ、私の予想のはるか上を行くものでした。いやあ、こんな人が埋もれていて、あんな人たちが偉そうにテレビやラジオで音楽を語っている日本って…という愚痴は兎も角、まがりなりにも青春時代にピアノに真剣に取り組んできた僕としては、嫉妬を通り越して尊敬の念を抱いてしまった。。しかしそれ以上に凄かったのが、ヴォーカルとのシンクロ具合。2~3個前の記事で、パティ・ウォーターズの素晴らしいヴォーカル&ピアノのデュオの記事を書きましたが、このCDはその数段上を行くものと言えるんじゃないかと。それは"Love Letter"とか"Porgy and Bess"みたいなジャズ・スタンダードにも言えるし、谷川俊太郎&武満徹の2曲に至っては、僕が今まで聴いてきたこの曲の演奏でもベスト・パフォーマンスという域にまで達してます。
 それから、最初はこのヴォーカルを「凄いアドリブ力だ」なんて思ってたんですよ。しかしあまりの感動に何度も聴き直しているうちに…音の入り方、ブレスの入れ方、ファルセットに入るタイミングなどなど、綿密にアレンジしてないかい?いやあ、これはピアニストのアレンジなのかヴォーカリストの機転なのか分かりませんが、パティ・ウォータズにしても誰にしても、素晴らしい人というのはフリーであろうがなかろうが、突き詰めるとフリーとは全く違う所まで丹念に仕上げてくるというか。すごい人というのはフリー云々でなくって、音楽のために必要なものは全部仕上げてくるんだな、と思わされました。このCDに入ってる"My Funny Valentine"のヴァースなんて、ほとんど現代音楽だしな…。フリーとかジャズとかクラシックとかを無視するのではなく、またどれかのジャンルに囚われるのでもなく、今ある様々なピアノ/ヴォーカル音楽の良い所を丁寧に吸収した上で、ピアノ&ヴォーカルなら最後にはここに辿り着く、という場所に辿り着いた素晴らしいパフォーマンスが本作であると僕は思ってます。いかにもシャーマニックなヴォーカルというわけではないんですが、その瞬間に辿り着いた瞬間にトランス状態にズバンと入ってしまう…西洋音楽の素晴らしい音楽の上に、西洋音楽が苦手にしてきた領域に入り込んでいる感じです。これは見事!

関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS