心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Meredith Monk / Dolmen Music』

MereMonk_DolmenMusic.jpg 前の記事で書いたヒグチケイコさんの活動歴を見ていると想起してしまうのが、このメレディス・モンクというヴォイス・パフォーマーさん。いわゆるミュージシャンという感じではなく、劇場でのシアトリカルなパフォーマンスの舞台監督という印象を僕は持っています。舞台監督が大前提で、その上で自分で作曲もパフォーマンスもする印象。自分で歌ったり踊ったりもしちゃうわけです。女性のヴォイス・パフォーマーにはこういうボーダーレスな活動をする人が結構いますが(極端な例では、女優の夏木マリさんなんかもそうかな?)、メレディス・モンクさんはその先駆けのひとりなんじゃないかなあ。

 内容はアメリカのミニマル・ミュージックを合唱で展開した感じ。合唱の要素として、バロック以前の古楽のアンサンブルのアイデアなんかもチラホラ垣間見えたり。そういう意味で言うと、何か音楽的な動機があるというよりも、舞台作品を作る為に、面白いと思ったものは何でもかんでもチャンポンにしちゃった感じかな?舞台というのはなんでも借りてきちゃう所があって、特に舞台音楽となると、古楽でも前衛でも何でもあり。そこにオリジナリティが求められるかというと全然そうじゃなくって、例えば時代劇を作ろうと思ったら、それに合いそうな音楽を「作る」んじゃなくって「借り」てきちゃう。これ、舞台じゃなくって、音楽単体だったら、「私の新作です」といってベタベタのバロックとか、あるいはミニマルそのものを発表したら恥ずかしいと思うんですよ。でも、舞台作品という事になると、そうならなくなる。そういう意味で言うと、アートを感じる割には独創性は感じられませんでした。複雑な不協和音どころかモダンな音の混ぜ方なんかも一切なし、リズムも複雑なものは全く出てこないで全部単純なオンビート。そういう所も「ああ、本当の作曲家ではない人がアタマの中で作った音楽なんだな」という感じで、若い頃にはこのイージーなつぎはぎ&潔癖症気味な四角四面の音が物足りなかったんですが、今聴くと…いやあ、なかなか面白いじゃありませんか!

 最初に聴くと、ちょっとCGっぽいというか、まるでコンピュータに作曲させたかのような四角四面な感じというか、無機質で冷たい印象を受けるんじゃないかと思います。問題は、聴く側がそれを面白く感じるかどうかという点ですよね。このレコードを出したECMというレーベルは、もともとジャズ方面のレーベルでしたが、クラシック方面に手を出した事もあります。手を出す方面はやはりモダンが中心なんですが、しかしモダンと言ってもグッチャグチャでアツい方面は嫌いなようで、どこかキッチリと、そして涼しげな方向が好きみたい。このレーベルがリリースすると、シュトックハウゼンの音楽ですらスッキリと整理整頓されたような音になってしまうという(^^)。で、このアルバムはまさにそのイメージにピッタリで、つまりはECMのあの透明な感じが好きな人だったら、絶対に気に入る音楽なんじゃいかという気がします。僕の趣味のど真ん中というわけじゃないんだけど、さすがに名盤扱いされるだけのものはある1枚だと思いました。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS