Miles Davis その他のアルバム

 前のふたつの記事で、私の好きなマイルス・デイヴィスのアルバムを2つとりあげました。私がマイルスのアルバムを2枚だけ手元に残しても良いと言われたらあの2枚なのですが、マイルスという人はモダンジャズの黎明期から黄金時代とず~っと活躍し続けた人なので、時代時代でそれなりに音楽が変化していて、あの2枚でマイルスの音楽が要約できるかというと、それはちょっと違うと思います。というわけで、ざっくりと、他の名作と言われている作品を、私の好き嫌いだけを基準に紹介したいと思います。

『BAG'S GROOVE』
 モンクという、非常にユニークなジャズ・ピアニスト/作曲家が参加していたり、ミルト・ジャクソンというビブラフォン奏者が参加していたりで、当時のジャズの人気者を集めて行ったセッションという感じのアルバムです。熱くならないバップというか、しっとりした感じ。よく聞くと、ソロを途中で投げ出してしまったりとか、マニアックな面白さはチラホラあるんですが、全体としてはセッションだなあという感じ。

『BIRTH OF THE COOL』
 これはクール・ジャズというものに分類されるらしいんですが、それが何なのか、良く分かってません(^ ^;)。ビ・バップの激しさに対比して、ちょっとクールな印象のジャズとか、そんな感じなんでしょうか。この作品、管楽器のアンサンブルが良く出来ていて「あ、これは気持ちいいな」と思った記憶があります。

『SOMETHIN' ELSE』
 あれ?ずっとマイルスのリーダー作だと思っていましたが…キャノンボール・アダレイという人のリーダー作でした。。なんで勘違いしてたんだろう。キャノンボールという人は大道芸人的というか、アーティスト性は薄いけど芸はすごいという感じの人です。が、このアルバムでは、その凄さが伝わりにくいんじゃないかなあ。大名盤みたいに言われてますが、私にはその良さが分かりません。

『MILESTONES』
 バンドにジョン・コルトレーンというテナー・サックス奏者が在籍し始めた頃のアルバムです。この頃のマイルスのバンドから、トニー・ウイリアムス在籍時のアコースティック・バンドにかけてのマイルスの音楽が一番好きです。前後にかなりの数のアルバムを発表していますが、その中でも代表作だと個人的には思っています。このアルバム、本当に素晴らしくて、大好きなのですが…なんというか、それってジャズ的な意味での良さで、ジャズを好きになってからじゃないと、何がいいのかわからないかも。
 コルトレーン在籍時のマイルスのバンドは人気が高いらしく、海賊盤でライブ録音などが結構出ているのですが、その中でも素晴らしいものに出会った事が何度かありました。

『Sketches of Spain』
 ギル・エヴァンスとの共同作業。スペインのフラメンコなんかに使われているスケールを用いたりしている…ようなんですが、そういう事の良く分からなかった自分には、だから何なの的な感想しかありませんでした。ジャズのビッグ・バンドがショー的なものに聞こえて仕方がなかった、あのころの自分にも問題があったかも。ギル・エヴァンスというアレンジャーの凄さは、彼のオーケストラの強烈な音楽に出会うまで、分かりませんでした。

『IN A SILENT WAY』
 マイルス・デイヴィスは、ある時期以降バンドがエレクトリック化するんですが、その初期の名盤といわれているものです。…が、エレクトリックの音が楽しいと思ってるだけみたい。その音で幽玄な世界を作り出そうとしているみたいですが、今の耳で聞くと相当に安っぽいです。ロックの子ども騙しな部分を真に受けちゃった感じ。

『JACK JOHNSON』
 ジャック・ジョンソンって、誰でしたっけ?政治家?ボクサー?(あれはジャック・デンプシーか。。)なんていい加減な知識で書くのは失礼かもしれませんが、こちらは同じエレクトリック・マイルスでも、ハードに攻めた感じです。マイルスと期待せず、ファンクの名盤みたいな感じで聞くと気持ちいい気がします。

『AT FILLMORE』
 エレクトリック化したマイルスのバンドの最初の頃のライブだったと思います。彼のエレクトリック・バンドは押しなべてダメな音楽ばかり、何がしたいのか本人もどんどん分からなくなっちゃってた気がします。そんな中では、唯一いいと思ったアルバムです。それでも、聴いたのは2回ぐらいじゃないかと。ソロ・アドリブ重視のザックリした作曲にエレクトリック・バンドという方向性は、同時期のロックにも同傾向のバンドがあります。そのバンドと比較して言えることは、マイルスのバンドはうまいんだが、公平に見てもロックの真似に見えるという事。真似だから、自分が何をしたいかは分かってない感じに聞こえます。一方のロック側は、マイルスバンドほどのテクニックはないが(といっても、音楽をやるに十分な技量と思いますが)、何を目指すかが明確であるように聞こえるのです。例えば、キング・クリムゾンとか、ザッパとか、ジョン・マクラフリンとかですね。ロックというものを卒業しかけた頃に聴いたものですから、エレクトリック・マイルスは子供じみた音楽に聞こえてしまいました。なにも、ジャズという大人の文化を担っていた人が、子供の音楽の世界に飛び込まなてもという残念感。しかも、本人がそうした理解の枠を認識していないという感じ。

 大人気のトランペッターだけに、CDが山のように出ています。しかし、大まかに押さえようとしたら、この辺りで十分じゃないかと。エレクトリック期は好き嫌いがはっきりすると思うので、エレクトリックは『フィルモア』だけ聴いて、それが良いと思ったら初めて他に手を出すというのもアリかと。







関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド