心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『アシュケナージ(pf) / ショパン:12の練習曲Op.10、12の練習曲Op.25、3つの新練習曲』

Ashkenazy_ChopinEtudes.jpg 音楽では、演奏テクニックが売りのひとつになる事がよくあります。ロックならヘビメタのギタリスト速弾きとか、ジャズではサックスのものすごいプレイ争いとか。クラシックで言えば、ピアノがそれに近い状況になる時があります。作曲家で言えばリストとかショパンあたりはその代表格で、この辺の作曲家の曲の中には「演奏のものすごさ」を競っている世界すらある感じ。ヒーヒー言いながら楽譜を追っている僕からしたら「やめてくれ~!!」と言いたくなるぐらいに音符が書き込みまくってある曲があったり。いつぞや取り上げたリストの超絶技巧練習曲集よりはマシですが、ショパンも後世のピアニストを苦しめる曲を色々と残してくれているのですよ(x_x;)。。まあ、弾けたらメチャクチャかっこいいんですけどね。。

 で、クラシック・ピアノの世界には、演奏がとっても大変なショパンを得意とする「ショパン弾き」なんて言われる超絶野郎がいまして、このアシュケナージさんもそのひとり。この人の演奏は、なんというんですかねえ…聴いていると、ショパンの練習曲を演奏するのが簡単なんじゃないかと思えてくるからオソロシイ。軽々と弾きこなしちゃう感じです。思い入れったっぷりにドッカーンとぶつけてくるというんじゃなくて、超絶に難解な曲をサラッと演奏しちゃう。僕は、音楽は思い入れたっぷり表現たっぷりにやってくれる方が好みではあるんですが、ここまで易々と演奏されちゃうと、それはそれで脱帽モノです。ショパンが好きであるようでしたら、アシュケナージの演奏は一度は通らなくてはならないんじゃないかと。

 さて、このCD、ショパンがポーランドにいた頃に作曲が始まったと言われています。黒鍵をやたらと使わされる曲、左手が異常に忙しい曲、分散和音をしつこく演奏させられる曲…音楽としても面白いのですが、演奏する方も大変でございます。泣きそうです。リストのアレよりはましですが(^^;)。でもですね、音楽的に言ったら、もう安定しまくった調の海の中にある音楽なので、この技芸的な部分の大変さが伝わらなかったら、けっこうつまらないかも。逆に言えば、そこが伝わればものすごく面白いというか、テクニック方面のクラシック・ピアノの深く狭い世界を楽しむ権利が貰えたようなものなので、それは幸せ(不幸?)な事なのかも知れません。あと、僕が思うに…これ、アシュケナージさんも、色々な録音を繋ぎ合わせて1枚のCDにしたんじゃないかという気もします。例えば、12の練習曲Op.10の1番ハ長調は、デジタルな感じの音で、耳が痛いぐらいの感じなんですが、同じ3番の「別れの曲」では、ものすごくアナログな感じでホールの音がボワンボワンしてすっごく遠い感じ。もしかして、アシュケナージさんでも、一回の録音では満足できない曲がいくつかあって、「これだけはこの前のコンサートの録音に差し替えてくれ~」とか、そういう事があったんじゃないかという気もします( ̄ー ̄)。いずれにせよ、ショパン好きなら避けては通れぬ1枚!クラシック・ピアノはあまり聴いた事がないけどチョット聴いてみたい、なんていう人にもいいかも知れません。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS