fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『マーラー(作曲家・人と作品シリーズ)』 村井翔

Mahler_MuraiShou.jpg 作曲家マーラーについての本です。前半がその生涯を追っていて、後半が作品についての筆者の作品評となっていました。筆者の村井翔さんは早稲田大学文学部教授で、専門は20世紀オーストリア文学などだそうです。

 前半の生涯編は、読みやすいながらもかなり深く踏み込んでいて、これを読むだけでかなりのマーラー通になれた気分 (^^)。フロイトとの関係も、アルマ・マーラー(マーラー夫人です)の事もよく知らなかったもので、なるほどそういう関係だったんだなあ、みたいな。
 特に面白かったのは後半の作品評でした。楽曲のアナリーゼではなく、その作品の背景について述べられていました。たとえば、「マーラーの全作品は一人の人間の人生の軌跡をそのままたどっている」(p.172)とか、シンフォニー3番は永遠回帰がモティーフになっているとか、そういう事を論考を積み上げて書きあげている感じ。いわば標題音楽としての文学的な読み解きでしたが、このへんは筆者さんが音楽家ではなく文学部の教授先生である事によるのでしょうね。
 ただ、この作品論は、僕とは反りが合いませんでした。だって僕が好きなマーラーのシンフォニーは2番と8番なのに、そのふたつを論外としてますからね(^^;)。このへんは、後期ロマン派音楽を文学的に眺める人にはそう映るという事かな、なんて思ったりして。

 高くもなく、大きさもコンパクトな本でしたが、内容はかなり濃かったです!いかにも音楽家じゃない人の音楽論でしたが、そういう人じゃないと見えてこないものもいっぱいあるんだ、と思わされました。ただし文化脈絡的な読み解きメインなので、多かれ少なかれ異論反論を感じる類の本と思いますが、仮に自分とは違う意見であったとしても、きちんと論考を積み上げて書かれた本って面白いですよね。素晴らしい本でした!
 
関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2024 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS