fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『グスタフ・マーラー ~現代音楽への道~』 柴田南雄

GustavMahler Gendaiongaku heno Michi_SibataMinao これもマーラーについての本で、著者は作曲家の柴田南雄さんです!最初に現代(と言ってもこの本が書かれたのは1984年)のマーラー・ブームと、マーラーの簡単な略歴が書かれ、以降は作品の解題という内容でした。

 さすがは作曲家さんだけあって、きちんとアナリーゼされた作品論でした。そのうえで、音楽を学んでいない人でも理解できるよう解説を平易に書いてあるので、すごく読みやすかったです。

 またそのアナリーゼが音響内の構造だけではなく、マーラーの思想や意図との繋がりにまで踏み込んでいるのが素晴らしかったです。村井翔さんのマーラー本もそうですが、こういう所は推測を含むので絶対にはなれないと思いますが、でも知性ある人の考えって、読んでいるだけで「なるほど~」って思わされるものがあります。こういう本をいっぱい読んでたら、自分も引き上げてもらえるんだろうなぁ…。

 クラシックって、演奏する時は最初に作曲家やその作品について調べてから取り組むんですが、若いころにこの本を読んだ時は、それをどうやればいいのかよく分かっていなかったもので、すごく勉強になりました(^^)。ページ数は少ないけど内容が深い、実にいい本でした!


関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2024 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS