fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『グスタフ・マーラー 全作品解説事典』 長木誠司

GustavMahler_ZensakuhinKaisetujiten_ChoukiSeiji.jpg クラシックの音楽学者の長木誠司さんが書いたマーラーの作品解説書です。ハードカバーのA5判、譜例も多く、マーラーの楽曲自体のアナリーゼの参考書にするならうってつけの本ではないでしょうか!

 音響の構造分析は、これまで僕が読んできたマーラー本の中では最強クラス…いやあ、作曲家でない人にここまできちんとアナリーゼされると、敬服してしまいます。。形式のアナリーゼ、譜例を用いた主題などの明示など、本当に参考になりました!すげえ。
 また、各楽曲の創作背景なども実に詳しく書かれていました。他の作曲家や詩人などとの関連は脚注を用意してビッシリ書き込まれていて、マーラーの音楽を聴くなら、この本を片手に聴けばかなり理解が深まりそうです。あ~もう少しこの本に早く出会いたかったな。。
 一方で、村井翔さんや柴田南雄さんの本のような、独創的な踏み込みはありませんでした。これは学術本に近いものにするために、正しいとは言い切れない独創的な推論には踏み込めないのかも知れませんね。

 いやあ、これはすごい…現代音楽方面の書籍で僕は長木さんにずいぶんお世話になったことがありますが、長木さんっていったい何者なんでしょうね。マーラーが好きな人は、ぜひ持っておきたい本ではないでしょうか。いやあ、マジでもう少し早くこの本に出会いたかったな…。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2024 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS