心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『BADLANDS / VOODOO HIGHWAY』

Badlands_VoodooHighway.jpg 自分のブログを読み返していたら、そんなに思い入れのないCDのレビューも結構ある事に気づきました。ロックでは、メタル関係の記事が結構多い事にビックリ。僕が本当に好きなロックって本当はぜんぜん違う方向なんですが、これは「このCD、売っちゃおうかな…」と思って整理のために聴いたために起きた現象。まあでも買った当時は好きで買っていたわけだから…つまりは卒業しちゃったという感じなのかな?このCDは、学生の頃にメタル好きの友人から「これは絶対に聴け!」といって買わされたものです(^^)。バッドランズというハードロック・バンドのセカンドアルバムで、たしかこのアルバムを最後に解散しちゃったんじゃなかったかな?

 このバンド、元ブラック・サバスのヴォーカリストのオジー・オズボーンのバンドでギターを演奏していたジェイク・E・リーという人が結成したバンドで、メタル関係の世界ではそれなりに話題になってたそうです(その友人談)。このアルバムが出た1991年頃のメタルというと、昔のドロドロしたメタルとは違う、すごくさわやかでテクニカルなLAメタル(AORとメタルを合わせたようなサウンドだった)の全盛期が過ぎつつあって、メタルの中から、もっと王道のロックみたいな事をやるバンドが出始めていました。スラッシュ・メタルという高速ビートが命みたいなジャンルのバンドが表舞台に立ち始めてましたが、そのスラッシュの看板バンドですらハードロックを志向し始めていた感じ。シンデレラというバンドもぜんぜんメタルっぽくないアルバムを出していたし(しかし内容を全然覚えてない^^;)、レーサーXの馬鹿テクギタリストのポール・ギルバートさんもMR.BIGなんていう王道ハードロックのようなバンドを結成したりしてました。で、これもそういう路線に進んだバンドのひとつで、すごくうまいハード・ロック・バンドという感じでした。1曲目はいきなりボトルネックを使ったブルージーなハードロックだし、他のナンバーもメタルって感じの曲はありません。5曲目なんて、思いっきり戦前アコースティック・ブルースですし(すぐ終わっちゃうけど^^)、アルバムタイトルにもなった"VOODOO HIGHWAY"も、イントロはなんとドブロ・ギターのスライドプレイ!!悪い曲なんて1曲もないし、どれもこれも完成度の高い演奏なんだけど…ロックのステレオタイプ展示会みたいで、引っかかるものが全然なかった(T_T)。しかし、ギターのプレイだけに注目して聴いていると…いやあ、これ、すごいうまいな。細かいプレイもすごくうまいんですが、手先でピロピロやっているだけじゃなくって、全体としてはラフにガツンとくる感じで、それがすごくロック的でカッコいい。8曲目のギターのミュート・カッティングを含めた"Silver Horses"なんて、曲はつまらないと思うのに、ギターはコピーしたくなっちゃいます。

 久々に聴いた感想としては、音楽自体は型通りでつまらなく感じましたが、ギターだけに注目して聴くとやさぐれている上にうまくってすごくカッコいい!!ガキ臭い意見ですが(^^;)、生でライブを見ていたらすごくカッコいいバンドだったんじゃなかろうか。これからロック・ギターをはじめようと思っている若い人、または久々にエレキギターを弾いてみようかなんていう人にとっては、バイブルになってもおかしくないぐらいに価値あるアルバムかも(^^)?!



関連記事
スポンサーサイト

Comments
いやぁ良かった良かった 
やっとロック関係の記事で、私の出番が来たと! って私のブログじゃありませんけどね(笑)
このアルバムも1stもいいんですけど、結局一言で言っちゃうと「地味」なんですよ、結局

だから残らないと、ボーカルのレイ ギランは上手いんですけど、残らないと。
客商売ですからやっぱ印象に残らないととは私の意見。

それにしてもよかったぁ、ロック語れて(笑) クラシックはプロレスラー ランディ サベージの入場曲の「威風堂々」しか知りません(嘘ですけど)
Re: いやぁ良かった良かった 
 グラハムボネ太郎さま、書き込み有難うございます!すみません、ロックの記事が久々になってしまいまして(^^;)。

 そうか、なるほど~、たしかに「地味」で片付いちゃう問題なのかも知れませんね。これだけうまくって、しかもロック的なガッツあるギターとヴォーカルと、いい所がいっぱいあるのに惜しいアルバムの気がします。

 プロレスでクラシックというと、僕は藤原組長のワーグナーが真っ先に思い浮かんでしまいます(^^)。。あれ?あと誰だったか、ベートーヴェンの運命を流していた人もいた気が…

運命 じゃじゃじゃじゃーーーーん 
確か、ブロディが新日本プロレス登場の時は移民の歌じゃなくって運命だったと(笑)
Re: 運命 じゃじゃじゃじゃーーーーん 
ああそうだ、猪木vsブロディの初対決の時ですね。思い出しました!!

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS