心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『内田光子 (piano) / シューベルト:ピアノ・ソナタ21番、3つの小品』

UchidaMitsuko_SchubertPsonata21 だんだん分かってきたと思いますが、クラシック・ピアノの棚の整理をしている最中なわけです(^^)。この棚が一番量が多くって大変なんだなあ。。でもって、本題。最初にこのCDを聴いた時(15年ぐらい前?)の第一印象は、「音が素晴らしすぎる!!」という事でした。これは、最初の音が聴こえてからわずか数秒で感じた感覚。ちょっとこの事を頭においていただいて…

 この作品は、日本人のクラシック・ピアニストである内田光子さんによる、シューベルトの作品集です。クラシックを全然聴かない人でも、中村紘子さんと内田光子さんのふたりは、顔を見た事があるのではないでしょうか。まあ、そのぐらい日本人ピアニストとして有名な方なんじゃないかと思います。しかし…クラシックの演奏家というと、やっぱりヨーロッパ人が主役であって、それ以外の地域というと亜流、まして日本なんて…クラシックを本格的に聴きはじめた学生の頃、僕はそんな風に思ってました。こういうものって、結構ありますよね。フィギュアスケートなんかもそうで、ヨーロッパの人はスラッとしてみんな綺麗で、メダルも日本人なんてとてもとても。しかし今では日本人の方が全然うまいし凄くなっちゃった。でもって、日本人のクラシック・ピアニストというと…いやあ、これがなかなか馬鹿に出来ないのです。

 内田さんも、鳴かず飛ばずの時代がすごく長かったそうです。レコーディングの話どころか、自主開催のリサイタルを続けるのがやっと、チケットを売るのにもヒーヒー言っていたそうで。これは、よほど特別なコンクールでの受賞歴からの華々しいレコードデビューでも飾らない限り、日本人のクラシック演奏家は皆そう。内田さんも様々な受賞歴がありますが、まあクラシック演奏家としては特別というほどでもなく、これぐらいの人なら日本だけでも300人ぐらいいると思います。こういう中から、どうやってアタマひとつ飛び出してくるのか。ここは、個人的に興味があるところですが、内田さんの場合は、あるモーツアルトを扱ったシリーズ企画が受けたのが切っ掛けだったそうで。以降の活躍っぷりは有名ですね。お父さんが外交官だった事などから、「金で名声を買った」とか色々言われた事もあったし、実際にそういうのが一部ではまかり通っちゃう嫌な業界でもあったのですが、しかしこのCDのような素晴らしいものを聴いてしまうと、それらが嫉妬か何かから来た単なる誹謗中傷にしか聞こえなくなるんじゃないかと思うのです。それぐらいに音が素晴らしい!!音に対する徹底的な気遣いは、もうこれは日本人的な細かさが良い方に出た好例なんじゃないかと思います。

 パッと聴きでもひとつ傷があるものの、演奏そのものも素晴らしい!!しかし、とにかく一番に感銘を受けるのは、「絶対に素晴らしい録音を残す!」というその気迫です。自分のピアノを、自分が最も気に入っているウィーンのホールに空輸、残響の最も美しい場所にピアノを設置し、マイクの位置を決め…。例えばですね、既にアタマひとつ抜けてきたプレイヤーさんなら、そんな事しなくたって、ムジ一クフェラインなんていう一流のホールを使うなら、そこの一流のピアノを使ったっていいわけだし、その方が100倍ぐらい楽な筈なんですよね。クラシックのピアニストがマイピアノをホールに持ち込むというのはよくある話ではありますが、その成果がここまで音にあらわれてしまう事を知ったのは、僕にとってはこれが初でした。そして、シューベルトの「ピアノ・ソナタ21番」に「3つの小品」…至福です。特にピアノ・ソナタ21番変ロ長調は、シューベルトが死ぬ数週間前に書きあげた、抒情的なロマン派音楽の官能性漂いまくり、しびれまくりの曲です。ソナタ形式を採用という意味からも、シューベルトの到達点とも言えるかも。フリージャズや現代音楽バリバリだった僕が、シューベルトのピアノ曲に感銘を受けたのは、この時が初めてだったかも。

 本当は、日本人クラシック・ピアニスト論みたいな事も書こうと思ってたのですが、なんか長くなっちゃったので、それはまたいつか書こうと思います。今回言いたかったのは、「シューベルトなんて聴く男はオカマだぜ!と思っていた男が、あまりの音の美しさに感動してしまった1枚はこれなので、シューベルトのピアノ曲をこれから聞いてみたいという方がおられましたら、日本人ピアニストとかいう色眼鏡を外して、これを聴くべし!!」という話でした。幸いなことに、アマゾンで中古盤が恐ろしく安い値段で売ってました( ̄ー ̄)。。でも…なんでこのCDを手放しちゃうんだろうか、モッタイナイ…。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS